【レディへ和訳】ロックを殺した男たち・”Radiohead”まとめ【メンバーの過去】

目次

レディオヘッドについて改めて考察・クリープだけじゃないよ

こんちわ。今日はRadioheadです。イチローです。

中学3年生の時に知って、それからずっとファンですねん。大好きですやん。

高校時代にまあまあブラックなベンチャー企業みたいな居酒屋でバイトしてたんだけど、そん時むちゃくちゃOKコンピューター聴いてた。傷に塩、塗りたくってた。これが私の青春。暗いって言うな。

音響面や作品でもそうですが、アイコーブ(LEDバーみたいな)などの前衛的な照明をいち早く取り入れるなど、映像面や演出面でも業界の最前線にいたバンドなんですよ実は。

今日は〜そんな〜レディへの話〜。

wikipediaより

レディオヘッド(英語: Radiohead)は、イギリスのロックバンド。1985年に前身にあたるバンドを結成。1992年のメジャー・デビュー以降、外部ミュージシャンの起用は多いものの、同じパーマネント・メンバーで活動している。

wikipediaより

レディオヘッドのメンバーたち・経歴とか過去ついて

音楽のブログっぽくRadioheadのバンドメンバーの紹介からしてみたいと思いまth。(あまがみ)

20年以上のキャリアのある大御所バンドですが、デビューから現在までメンバーチェンジはありまthえん。

学生時代からの友達ということもあって絆の深いバンドなのでしょう。

あるいは、学校や世間になじめないからトムは自分のバンドを作ったのかもって気がしてきた。

最近はあつまれどうぶつの森とかでもみんな村作ってるもんね。きっとそんな感じかもって思ったけどやったことないゲームの話ししてすみません。全然違ってたらごめんなthい。

レディオヘッドのブレーン・ボーカル「トム・ヨーク」

まずはレディオヘッドのフロントマン。トムヨークから紹介したいと思います。

レディオヘッドの全ての楽曲の歌詞を担当しており、作曲に関してもトムのデモ曲がベースになることが多い。

レディオヘッドの中心的存在で、ガンダムで言うところの白いガンダムです。

chorus.fmより

ロックなんてゴミ音楽じゃないか

僕はゴミだと思う

トム・ヨーク

トム・ヨークは13歳でアビントン・スクールに入学。バンドメンバーを探し始めます。

それまでの生い立ちは、裕福な家庭で育ちながらも両親の仕事の都合による度重なる引越しや、生まれつきの視覚障害の手術の後遺症などで、ストレスの多い幼少期を過ごしました。

しかしその後の人生でロックに開眼。17歳で既にレディオヘッドの前身となるバンド、オン・ア・フライデーを結成する。

この段階で、コリン、エド、フィル、ジョニーが揃っていて、そのまま1991年にメジャー進出。デビューにともない”レディオヘッド”と名乗るようになる。

『パブロハニー』収録の『クリープ』が世界的ヒットとなったのが1993年の事です。

イチローは友人との会話の中で逆張りを好む傾向があるので「パブロハニー割と好きよ」みたいなことを言って非難を浴びたことが幾度となくある。

この頃はまだレディオヘッドも80年代のUKロックの匂いを残したシューゲイザー、オルタナティブ、ポストロックのフォロワーに過ぎず、世間の評価もそれほど高くはなかった。

もし君が陰鬱だとか暗いとかケチをつけられたらいい線いってるってことだ。

僕としてはそう言える。

トム・ヨーク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (6件)

コメントする

目次
閉じる