【新作もいいけど】村上春樹・初期作品”鼠三部作”を考察してみた【旧作もね】

自己紹介で本が好きなんて書いてしまったので、今日は本の話を。

村上春樹さんが大好きなので、初期の作品「鼠三部作」について書いてみたいなと思います。

拙者なんかが今更説明する必要がないほど、世界的に有名な作家である村上春樹さん。

氏の文学の研究を専門でしている研究者や機関が存在するなど、その影響は日本の近現代文学において非常に大きいものがある。

え?大丈夫?そんな人のこと、中途半端な知識で書いて怒られない??

大丈夫です。前回の宗教の記事けっこう様々な言語で怒られているから耐性は出来ている……!

「安いもんだ……腕の一本くらい……!」つって記事を消しちゃってもいいんだけど、リライトにリライトを重ねてくだらない超幻想を忘れられぬ存在感に変えていこうと思う。

話を村上春樹さんに戻すと、拙者的にはウィルコレディオヘッド好きなのにシンパシー勝手に感じてる。

もちろん拙者は特に文学方面に対して深い教養があるわけでは無いので、一読者として好きな作家さんの小説を紹介する雑ブログです。

拙者って一人称は頭良さそうかなって思ったんだけど、誰も笑ってくれないからそろそろやめとく。

村上 春樹(むらかみ はるき、1949年(昭和24年)1月12日 – )は、日本の小説家、文学翻訳家。京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。

wikipediaより
目次

ハルキストの出発点・「鼠三部作」とは

『鼠三部作』とは、「風の歌を聴け」、「1973年のピンボール」、「羊をめぐる冒険」からなる作品群です。

その全てが「僕」とその友人「鼠(ねずみ)」の物語となっています。

これらは「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞した村上春樹さんが描いた初期の中・長編作品となっていて、村上春樹さんの原点であり、ハルキストの出発点である。尊い。

村上春樹作品特有の退廃的で幻想的な雰囲気は、この時期から既に漂っています。

ひらたく言ってしまえば『鼠三部作』と呼ばれている作品たちは、いわゆる初期の同一登場人物が登場する三つの作品の事を指してファンの間でそう呼ばれているにすぎない。

オフィシャルであったり、正式名称ではないのだ。

村上春樹さんの初期の作品の特徴として、いわゆる最近の作品の印象や有名作品『ノルウェイの森』などで見られるリアルな性的な模写、『1Q84』や『ねじまき鳥クロニクル』などで見られる暴力的な模写はあまり見られず、非常に読みやすい内容になっています。

すでに『羊をめぐる冒険』では村上春樹ワールドではおなじみの「向こう側の世界」が既に垣間見れたりするのもポイント。

村上春樹さんの小説においての「あちら側」と「こちら側」の行き来ってのはお馴染みの手法だったりするので、そのあたりのルーツがここにあるわけですね。

その他にも『1973年のピンボール』なんかでは近年、村上春樹さんが得意とする、物語のパラレル進行を「僕」と「鼠」でやって見せている。

イチロー個人の特技も、きのこを食べないで「あちら側の世界」を覗けることだったりするので、勝手にシンクロニシティって感じがしてくる。

風の歌を聴け

村上春樹新聞より

村上春樹デビュー作『風の歌を聴け』の時代背景は、小説の冒頭部分で語られるように・・

「この話は1970年の8月8日に始まり、同じ年の8月26日に終わる。」

たった18日間の物語ってことですね。

29歳になった主人公が8年前の「鼠」と過ごした故郷での夏の出来事を文章として書き起こそうとするところから物語は始まる。

「鼠」との夏の思い出はジェイズ・バーで25mプール分のビールをひと夏かけて飲み干した思い出に終始する。

何かを持ってるやつはいつか失くすんじゃないかとビクついてるし、

何も持ってないやつは永遠に何ももてないんじゃないんじゃないかと心配してる。

みんな同じさ

風の歌を聴け

やれやれ言いつつもジェイズ・バーで「鼠」と淡々と過ごす夏を送る主人公。

その折にバーのトイレで泥酔した「小指が無い女の子」を介抱します。

主人公の物語はそこから進展していき、最初は「小指の無い女の子」に誤解され避けられ続けるところから始まりますが、

最終的には彼女が働くレコードショップで再会。作りすぎたビーフシチューを食べに誘われるまで進展していきます。

このように村上春樹作品の主人公たちは、なぜかナチュラルにモテる人間であることが多い。うらやまサムバディトゥナイ。

一方もう1人の主人公の「鼠」は、飲酒運転をしてサル山に突っ込んでピザパイを吐いたり・・

ホット・ケーキにコカコーラを1瓶かけて食べてみたり・・

「不治の病に冒されていると信じこんでいる有名なファッションデザイナーで30歳ばかりの女が主人公」の小説を書いたり・・

ジェイズ・バーで「金持ちなんて・みんな・糞くらえさ。」と怒鳴ったりして青春を過ごしていた。

皆が当たり前にできることを、鼠は満足にできない。変わり者って言葉は格好いいけど、結局は他人に迷惑をかけてしまう非常識人間。

そういうコンプレックスを、奥底に持っている感じ。大人と青年の中間という立ち位置が「鼠」の魅力。

なんとか頑張って世間に合わせようと努力するんだけどどうにも自分を型に嵌めることが出来ない「鼠」に多くの読者は共感する。

主人公に言わせれば「恐ろしく本を読まない」のに小説を書き始めるあたりも非常に「鼠」らしい。

鼠の小説には優れた点が二つある。

まずセックス・シーンの無いことと、それから一人も人が死なないことだ。

放って置いても人は死ぬし、女と寝る。そういうものだ

風の歌を聴け

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる