【ウィルコが】アメリカの風景とWILCO【好っきゃねん】

目次

アメリカ+ロック=ウィルコ

こんばんわ。今日も大好きなバンドについて。

アメリカンロックの到達点「ウィルコ」について、何にも到達してないイチローが書いてみようと思います。

ええやろ。だって好きなんやから。めっっちゃ好っきゃねん。ほんまに。

これは最近気付いたことだけれど、イチローは好きなものについて語るときズーズー弁になったりエセ関西弁を使ったりする。自分発見ブログ。誰得?

ともかく、えなりかずきの髪型がイチローの脳内において永遠に坊主なように、ウィルコの魅力ってものも経年によって色あせることがない。

まさに普遍的な価値観だと言える。今日はそんな素晴らしいバンドのお話。

Wikipediaより

ウィルコ(Wilco)は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴを拠点として活動するオルタナティヴ・ロック・バンドである。バンド名は「了解(will comply)」を意味する無線通信用語「wilco」に由来する。

Wikipediaより

ウィルコとアメリカの風景・その魅力について考える

なんで自分がこのバンドを好きなのか?ってことをよく考えてみることにする。

「ウィルコはアメリカのバンドです〜…」って言われなくても、曲を聴けばバンドのホームがアメリカだって誰にでもわかっちゃう気がしている。

英語のなまりが〜とか音が乾いてる〜とかそんなんじゃなくてバンドそのものがイチローが思い描いている「アメリカ」の空気を放っている。

なんだか古き良き時代のアメリカに心惹かれてしまう自分にとって、このバンドがとても魅力的に映るのは当たり前なのかもしれない。

ウィルコのアルバムはとてもシンプルだけど、そのどれもがすごく鮮やかで。

雲の隙間のオレンジと、怖いくらいの空の青が混じって、形容しきれない紫を作る。

イチローの想像し得るアメリカの風景とか空気が凝縮されたような、そんなロックバンド。

Ashes of American Flagsより

2008年のUSツアーの時の作品の映像。

アメリカの風景とウィルコが境目なく溶け合っていて、本当に素敵な作品。大好きっちゃ。

このDVDはメンバーが新体制になった頃の物ですが、バンドは長年連れ添った家族のよう。

リラックスした雰囲気で終始映像は進んでいきます。

特にこの頃新加入したギターのネルス・クラインがバンドにケミストリーを与えている瞬間を垣間見ることができる。

正直なところ、夜の酒の肴はこのDVDがあればいい。そのくらい好き。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (4件)

コメントする

目次
閉じる