【ランキング】歴史上のイケメンを勝手に選んでみた【トップ10】

目次

教科書に登場するイケメン・人物をまとめてみた

こんばんは。ラーメン・つけ麺・僕ウィケメーン。やりらふぃ〜イチローです。なんだこれ。

今回は歴史上のイケメンってことで、独断と偏見でランキングを作ってみました。

以前、歴史上の美女ランキングを書いたのでその男性バージョンですね。

やっぱり男性も何かを成し遂げて自信が表情に表れている人ってぇのは魅力的ですよね。

イチローはイケメンを見ると怪しんでしまう癖があったので、昔は容赦なく疑ってかかってたけど、歴史を知るにつれてなんだか好きになることができました。

早く言えよって感じです。損しました。

そんなこんなで今日は歴史上のイケメンの話です。

美男子(びなんし、びだんし)は、容姿の美しい男性を指す言葉である。美男(びなん、びだん)とも言う。年少者であれば美少年と呼ばれる。類義語にハンサム(英:handsome)や男前(おとこまえ)がある。

Wikipediaより

歴史上イケメンランキング・第10位「ジャック・ケルアック」

ていねいに生きるより

最初はビートニクの代表的な作家「ジャック・ケルアック」ですね。ビーチクビではなくビートニクです。

ワイルドで情熱的な作風で知られているので、作家自身のそのようなイメージの方が多いようですが、ジャック自身は大人しく保守的な性格だった。

予期せずムーブメントの旗手として祭り上げられ、その大きな成功によって生き方を乱されてしまった作家の一人だ。

セレブ感と庶民感は混在し得ない。心の中の野蛮な太陽が暴れ出してしまう。この辺の作家から学ぶべき教訓は多い。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる