【ランキング】歴史上の美女を勝手に選んでみた【トップ10】

目次

教科書に載っている美女を並べて考察してみた

こんばんわ。不登校気味の高卒ブロガーイチローです。

ぼかぁ、あんまり女優さんとかミス・なんとかみたいな人は知らないのですが、歴史上の美人さんには心惹かれちゃいます。

やっぱり偉人ってステキな女性が多いと思いですよね。芯のある女性は美人も多い気がします。

教科書を見ながらイチローは鼻の穴を膨らまし続けていて、一気に抜いたら月に届くんじゃないかと思うくらい鼻にガスを溜めながら授業を受けていた。

(主な成分はCO2だということは理科の授業で学んだ)

ちなみに一応「世界三大美人」みたいなのはすでに存在するようですが、今日は勝手に歴史上の美女をランキング形式で紹介してみようと思います。

世界三大美人(せかいさんだいびじん)とは、世界史上において特に美人とされる三人の女性のこと。世界三大美女(せかいさんだいびじょ)ともいう[1][2]。

Wikipediaより

歴史上の美女ランキング・第10位「ルクレツィア・ボルジア」

その美しい容姿からイタリア国内では「天女」と呼ばれた「ルクレツィア」です。

あれですね。FF7が好きなイチローにとっては感慨深い方ですね。元ネタここだったか…

ローマ教皇の娘として(正妻ではなく愛人の娘)生まれ、何不自由なく豪奢な生活を謳歌し、浪費家として有名だったそうです。

成人した後は、ローマ教皇の代理として権勢を振るっていた時期もあった。

イチローはメンヘラ好きであるが、ワガママ娘も悪くないと思ってしまう。筆者の治らない悪い癖だ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる