【Vonから】大地の咆哮・Sigur Rós考察(シガーロス)【Kveikurまで】

目次

シガーロスの良さをまとめて考察してみる・sigur ros

こんばんわ。北欧に憧れ続けてるイチローです。IKEAとかね。すんげえ行く。あっさ!

ってことで今日はアイスランドのポストロックバンド「Sigur Rós」について語ってみたいと思います。

ロックを枠を超えた壮大なバンドです。そうだな。もはやそのサウンドは大地の咆哮。つまるところ”大地manブラザーズバンド”と言って差し支えないと思う。

……差し支え、あるかな。このごろ自分の文章を見返して、生きていくのがツラくなる瞬間が増えた気がする。

そんな時はいつもこのバンドの曲を聴くのです。イチローのライフストリーム。「Sigur Rós」の話。

fikaより

ヨンシー(ジョンジー)、ゲオルグ、アウグストの3人によって1994年に、アイスランドのレイキャヴィークにて結成。

「Sigur Rós」とは、アイスランド語で「勝利、薔薇」を意味する。

wikipediaより

アイスランド出身のバンドメンバーについて

はい。んじゃさっそくSigur Rósのメンバーについて紹介していこうと思います。

バンド内のスキャンダルなどで2021年現在は2人体制になってしまっていますが…

寂しすぎるので、過去の主要なメンバーも合わせて紹介してみたいと思う。はぁ〜

わかってる。セオリーから外れているのは。いいんや節子。好きなことについてフリートークしたいだけだから。

限りなく野生に近い雑記ブロガー、イチローの本領発揮である。わいるどだろぉぉ…?

ボーカル・ギター・キーボード「ヨンシー・ビルギッソン」

spinより

Sigur Rósの結成当初からのメンバーでバンドのコアとしての歌い手であるヨンシー。

実は「Sigur Rós」というバンド名はヨンシーの妹の名前であり、バンド結成日に妹が生まれたことに由来する。カッケーなぁ妹の名前。

日本でやるとどうだろう。「The Setsuko」とかになるのかな?節子。それ、ロックちゃう。正気の沙汰じゃない。

ヨンシーはSigur Rósとしての活動の他にも、自身のソロアルバムをリリースしたり、精力的に活動している。

ソロ・バンド以外にも、同性のパートナーであるアレックスとの作品のリリースもある。

自身がゲイである事を早い段階でカミングアウトしており「Viðrar vel til loftárása」のMVなどは同性愛の目覚めをテーマに制作されているよ。

ベース「ゲオルグ・ホルム」

rolling stoneより

Sigur Rós結成時のメンバーであるベーシストのゲオルグ。なんだかモビルスーツみたいな名前がとても素敵だ。

実はヨンシーがギターを弓で弾くスタイルになったのは、ゲオルグの発言がきっかけ。

バンドが求めるサウンドは、ベースでは再現不可能と判断。その後ヨンシーのスタイルが確立されていくのだった。

バンドの結成時のメンバーが今でも残ってくれているという事実は、今のヨンシーにとって精神的な支柱であることは間違いない。

まさに盟友って感じ。イチローにとってのレッドブルのような存在。泣ける。

2018年脱退・ドラム「オーリー・ディラソン」

NME-japanより

2018年に性的暴行の疑いで提起されたオーリー・ディラソン。

本人は事実を否定していたが、問題の大きさを考慮して脱退を決めた形になった。

およそ10年間もの間Sigur Rósのリズムを支えてきたオーリー・ディラソンですが、最後は残念な結果になってしまった。

無実ならばいずれバンドと合流するかもしれない。

残されたバンドメンバー。ヨンシーとゲオルグのコメントはこちら。

ここ数日で彼に対して提起された極めて深刻で、個人的な告発を受けて、彼がこの問題に個人的に対処してもらうべく、 バンドメイトであるオーリー・ディラソンの脱退を本日受け入れることにしました。

ヨンシー・ゲオルグ

2013年脱退・キーボード「キャータン・スヴェインソン」

Wikipediaより

1998年から2013年までバンドに在籍。鍵盤楽器のみならずギター・フルート・オーボエ・バンジョーなど様々な楽器を駆使してSigur Rósの音を彩ったキャータンです。

業界人的にはキャンターになる。うそ。ならない。なるとしたらターキャン。聞いたことはない。

もともと活動中から脱退を匂わせていたそうで、残されたバンドメンバーはさほど驚かなかったそうな。

それでもベースのゲオルグは、「バンドの力学というか、エネルギーの動きが明らかに変化した」と語る様にその存在は大きかったみたい。

あれかな。”ごきげんよう”のコロゾー的なポジションだったのかな。(たぶんちがう)

脱退後もSigur Rósのメンバーとは良好な関係を築いていて、2016年には自国アイスランドでソロアルバムをリリースするなど音楽活動を続けている。

シガーロスのオススメ6トラック・フルアルバムごとに紹介

ここからはSigur Rósのオススメ楽曲をイチローの独断と偏見で紹介していきます。いつものやつ。

Sigur Rósっちゃあ、キャリアの長〜いバンドなので、数曲を選ぶとなるとかなり迷う。

そんで迷った挙句に、デビューアルバムから順番に紹介していこうとか考えてる。

というか、たまたま全部持ってた。ブログを書いているとこういうことも起こる。ゆるふわ〜

シガーロス・1stアルバムVonから「Von」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる