【バンド名の意味】僕のアイドル・GRAPEVINEについて考察【過去メンバー】

目次

大好きな音楽について・グレイプバイン考察

音楽の話がしたくてブログを始めたのにすっかり書くの忘れてた。よし今日は書くぞ。

ミドサー・ロキノン世代のイチローにとってGRAPEVINEはメインストリームに迎合しないクールなロックバンドの象徴だった。

そしてそのバックグラウンドを知れば知るほど、どんどんその魅力に取り込まれていった学生時代。

音楽好きならみんなそれぞれ”アイドル”みたいな存在がいたと思うけれど、大人になってからも新譜が楽しみなバンドっているだろうか?

イチローにはいるんです。本当に少なくなってしまったけれど、おっさんになってからもワクワクして待てるリリースがあるんです。

今日はそんなバンドの話。人生を寝違えたように生きているので、振り返ることがとにかく苦手だけど、現在進行形で好きなもののことならいくらでも書ける気がするやねん。

まずはメンバー紹介からすればいいのかな?どうなのかな?しらんけどやってみるでほんましかし。

今日はイチローのアイドル”GRAPEVINE”の話!

grapevine websiteより

GRAPEVINE(グレイプバイン)は、ボーカル・ギター・田中和将、ギター・西川弘剛、ドラムス・亀井亨の3人からなる日本のロックバンド。1993年に大阪府で結成。世に知られるようになった時点のレコード会社はポニーキャニオン/ROCKER ROOM。2014年からSPEEDSTAR RECORDS。公式ファンクラブは「BALLGAG」である。

Wikipediaより

ボーカル・ギター 田中和将

j-wave newsより

グレイプバインのフロントマンの田中和将。セクシーで女性ファンが多い印象だが その生い立ちは壮絶を極めた。 

両親が幼い時に離婚してしまい、田中さんが7~8歳の時母親も失踪。 

育ての親に近い母親の友人夫婦が火災によって死別するなど、 少年にとってはあまりにも大きな不幸に見舞われる。 

幼少期は父違いの兄が日雇いのバイトで田中さんを養った。 

その兄が漫画のドラえもんを読み聞かせてくれたそうで・・

 書籍『書生・田中和将の“とんと、ご無沙汰”』の中で ドラえもんに対する思いを垣間見ることが出来る。

ところで、しずかちゃんやドラミが時々嫌な女に見えてしまうのはおれだけなんだろうか。

そんな時はとても悲しくなります。

田中和将

グレイプバインの魅力として、田中さんの書く芸術性の高い詩が頻繁に取り上げられる。 

”映像の詩人“と呼ばれるアンドレイ・タルコフスキーという映画監督に 影響を多分に受けているようで、『鏡』や『サクリファイス』などその影響を隠そうとはしない。 

サミュエル・ベケットの戯曲の『エレウテリア』や、 サリンジャーやヘミングウェイからの影響を感じられる楽曲もあり文学や芸術への見識は広い。

知識やセンスに裏打ちされた歌詞は、奥行きがあり深読みしていけば 尽きる事がない文学性を持つ国内でも無二の文学生を持つ作詞家である。 

また、その壮絶な幼少期の一端を『少年』という楽曲の歌詞で垣間見る事が出来る。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

目次
閉じる