【日本の】世界的トラックメーカー・nujabesについて【誇り】

目次

ローファイ-ヒップホップの父・nujabesこと瀬場潤・山田淳について

こんばんわ。制服ブカブカなやつたいだいトモダチのイチローです。

今日はharukanakamuraの時にもちょっと書いたけど、僭越ながらnujabesについて書いてみようと思う。

自分は音楽をかける時、なーんにも思い浮かばないとSound Providersとかnujabesを選択することがすごく多い。

別に東京生まれでもないし、hip-hop育ちでもなく、友達に悪そうな奴もそんなにいないのだけれど、いつだって漠然とした愛情を頼りに文章を書いているし音楽をかける。

好きという気持ちの言語化はムズカシイ。未だにどうしていいかわからない。自分の場合好きの種類が多すぎるのも問題なのかもしれない。

何かにフルパワーで打ち込んでいる人間や、なにかを極めた人は素敵だしリスペクトもしているけれど、それでも成功の形は1種類ではないと確信もしている。

自分は頼りない”好き”を頼りにしてきた。これからもきっと多分そんな感じでやっていく。フワフワしていても文章を書きつづける。

まぁそんなワケなので今日は世界が認める”JAZZY HIP HOP”の生みの親・nujabesについてです。どんなワケやねん。

Nujabes(ヌジャベス、アーティスト名:瀬場 潤(せば じゅん)、本名:山田 淳(やまだ じゅん))は、東京都港区西麻布出身のDJ、ヒップホップのトラックメイカー、音楽プロデューサー。未婚。2010年代半ばより世界的なムーブメントとなった「ローファイ・ヒップホップ(Lo-Fi Hip Hop)」のルーツと言われており、世代や国籍を超えた幅広い層の音楽ファンに今も愛され続けている。

Wikipediaより
あわせて読みたい
【アシッドジャズ】ジャミロクワイの過去・オススメ楽曲など【JK考察】 【みんな大好き・ジャミロクワイの過去を語る・考える】 こんばんわ。音楽は好きだけどジャンルには疎いイチローです。 風呂上りにはキンキンに冷えたアシッドジャズに...

nujabesの過去・来歴・世界で評価される理由

nujabesは1999年。25歳の頃、自主制作のレコード会社として「Hydeout Productions」を開業します。

それまでは渋谷でレコードショップを経営したり(GUINNES RECORDS)レコードガイドブックにてライターとして活動するなどしていたnujabes。

自身のレコードショップに集まってきた同世代のトラックメーカーたちと関わりながら、自分も本格的に作曲活動をすることになる。

GUINNESS RECORDS

2004年に満を辞して自身のプロダクションから”nujabes”としてトラックのリリースを開始。

プローモションや宣伝などに全く力を注がなかったにも関わらず、その作品の完成度の高さから口コミのみで界隈にその名が轟く様になる。

nujabes自身が自分を”瀬場潤”だと明かさなかったことから、国内外問わずnujabesが日本人であることを知らなかったファンも非常に多かったしそんなミステリアスな部分も魅力的だった。

(ちなみに”nujabes”を逆さまにした”瀬場潤”名義でライター活動を行なっていた。実際のnujabesの本名は山田淳である)

nujabesのサウンドの特徴として顕著なのが「ローファイさ」と「生楽器感」だと思う。

2000年代初頭のトラックはエレクトリックな物をフューチャーしたハイファイなサウンドが主流だったこともあって、nujabesの生々しいサウンドで構成される叙情的なメロディのトラックはメインストリームに迎合しない硬派なカッコ良さがあった。

スネアの音とか割れてるのよ。

ホーンのエアーノイズとかすごい入ってるのよ。

でももうそんなの関係ねぇ!って自分の中の小島よしおがひょっこり顔を出すくらいローファイなサウンドが構成するトラック群は、2021年現在に聴いてみても普遍的なカッコよさを放っている。

nujabesの紹介文でよくある”JAZZY HIP HOP”っていうのは、その名の通りjazzとhip-hopを融合させた様なジャンルのことで、最近まで世界を席巻していた”Lo-fi HIPHOPムーブメント”の出発点だった。

この辺がnujabesが幾度となく再評価されている理由なんだと思う。

簡単にいうとnujabesの作っていたhip-hopのルーツは黒人音楽の流れで発達したソレとは異なり、リズムのエッジが効いていて、ボーカルとメロディを重視した物になっている。

この辺は本当聴いてもらった方が手っ取り早い。hip-hopというジャンルに抵抗があるって人ほどに聴いてほしいアーティストだったりする。本当に本当にオススメ。

the japan timesより

nujabesが海外で広く評価されるキッカケになった出来事として1stアルバム“Metaphorical Music”の大ヒットと共に、アニメ「サムライチャンプルー」への楽曲提供が挙げられる。

アニメ内の挿入歌に留まらずオープニングテーマ・エンディングテーマもShing02・MINMIと共に手がけた。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる