【眠れないなら】The Album Leafのオススメトラック4選【これを聴け】

目次

アンビエント大好きブロガー・アルバムリーフについて

こんばんは。眠れぬ夜のエヴァーグリーン。イチローです。

最近は地上波でもアンビエント・ミュージックが流れる機会が増えましたね。え?しらない?うそーん。

アンビエント、大好きなんですよ。っていうか大好きなもののことしか扱ってないんですよ。うち。

それらを分析して考察して、オリジナルの発展型アホアホサイトを作りたいと思っている。きっと人生が面白くなる。

ってことで今日はジミー・ラヴェルのソロ・プロジェクト「The Album Leaf」について紹介していきたいと思います。

big nothingより

アルバム・リーフ (The Album Leaf) は、ジミー・ラヴェル (Jimmy Lavalle) がポストロック・バンド、トリステザ (Tristeza) を脱退後、アメリカのサンディエゴでスタートしたソロプロジェクト。レコード会社はサブ・ポップ。

Wikipediaより

ジミー・ラヴェルが在籍していた伝説のバンド”トリステザ”とは?

さてさて、The Album Leafのジミー・ラヴェルが在籍していた「トリステザ」というバンド。

正直、The Album Leafより認知度ないかもしれん。ニッチなジャンルだし仕方ないのかもしれないけど。

あんまり需要もないかもしれんけど、The Album Leafを語る上では欠かせない。知っていることだけ書いてみる。

思いだけは溢れているからね。まるでハリーポッターが最初に住んでいた家のポストのように。溢れ返っているから。

self-titled-magよりトリステザ期の若きジミー・ラヴェル

アメリカのポストロック系のインストバンド「トリステザ」はカリフォルニアを中心に活動している。

トリステザの2ndアルバムは2000年に発表。ここまでがジミーが在籍していた期間。

今聴いてみるとジミーの在籍期間中の音源は、たしかにThe Album Leafの雰囲気を感じることができる。

特に初期のThe Album Leafの作品のファンにはトリステザの方もオススメしておきたい。

お好み焼きが好きなら、そばめしも好きでしょ?って感じ。炭水化物とアンビエントは人間を幸せにする。

トリステザの1stアルバム Spine and Sensoryから「Golden Hill」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる