【pitchforkの】時代の寵児・Youth Lagoonの残した3作品【激プッシュ】

目次

pitchforkのすゝめ ベットルーム・ポップ “ユースラグーン”

こんばんわ。眠たい音楽が今の気分なイチローです。フワッフワしてます。ペコちゃんのほぺた。

今日は人気絶頂の2016年に突如活動停止になったYouth Lagoonについて紹介していきたいと思います。

スターダムを駆け上ってからの急な活動停止だったので驚いた人も多かったと思う。

その頃の自分の人生はインプットがメインだったから、とてもショックだったのを覚えている。

イチローのほとんどは知的好奇心でできている。あるいは、水分。もしくは、ミネラル。ないし、タンパク質。

スキルを手に入れようとしてきたり、役に立つ経験になりそうなことを選んで長年やってきたつもりだったけど。

でも今は、なんだかアウトプットがしてみたい。それが出来そうな予感もしてる。

ってなわけで今日も今日とていちこらむ。イチローにとってのミネラルでありタンパク質。「Youth Lagoon」について。

NMEより

ユース・ラグーン(Youth Lagoon、1989年3月18日 – )は、アメリカの音楽家トレヴァー・パワーズ のステージ名である[1] (カリフォルニア州サンディエゴ出身、アイダホ州ボイシ育ち)。

Wikipediaより
あわせて読みたい
【ウィルコが】アメリカの風景とWILCO【好っきゃねん】 【アメリカ+ロック=ウィルコ】 こんばんわ。今日も大好きなバンドについて。 アメリカンロックの到達点「ウィルコ」について、何にも到達してないイチローが書いてみ...

トレヴァー・パワーズの過去・来歴について

アメリカのアイダホ州出身のYouth Lagoonことトレヴァー・パワーズ。

ティーンエイジャーの頃に様々なバンドでの音楽活動に明け暮れますが、トレヴァーが選んだのは孤独な創作への道だった。

20代前半の頃。家族に隠れて寝室で制作した「July」と「Cannons」を自身の配信サイトのページにアップロードしました。

Youth Lagoonみたいな音楽は、ベットルームポップってジャンルに区分されたりするんだけど、トレヴァーはまさに自宅の寝室に録音機材を持ち込んで創作活動を行っていた。

アンビエント、チルアウトの流れを汲んだ優しい音楽。

忘れることができなかった、繊細な記憶の集合体みたいな。そんな音楽。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる