【夏の夜と】謎多きカップルユニット・Beach House【ドリームポップ】

目次

サブポップ代表ドリームポップの申し子・ビーチハウス

こんばんわー。海が似合わない男、北関東代表選手のイチローです。騎手。

今日は夏の夜に聞きたいベットルームポップ「Beach House」について紹介してみたいと思います。

本当はね。夏に紹介したかったんですけどね。自分の知らん間に真冬になってもうた。

こうやって人は年老いていくのじゃろうか。最近じゃジョン・カビラと博多華丸くんの区別もロクにつかん。楽天カードめぁぁ〜ぁぁん。

ってことで、思いつき〜。なにとぞ〜。なにごと〜。って感じでYouth Lagoontwin sisterからの流れで書いてみる。

今日も大好きなアーティスト「Beach House」について。

ビーチ・ハウス (Beach House) は、アメリカ・ボルチモア出身のドリーム・ポップバンド。

Wikipediaより

ビーチハウスの2人は恋人同士なの?

beach houseはアメリカ・メリーランド州の最大都市ボルチモア発のインディロック・ユニット。

ボルチモアが地元のアレックスと、フランス出身でフィラデルフィア育ちのヴィクトリアによって2004年に結成された。

東京もんに擬態して都会で生きてきた田舎もんのイチローには眩し過ぎるふたり。おしゃれがすぎる出身地だべぇ…。

当時のUSインディ・シーンは2000年代後半にかけて、ドリームポップ・ムーブメントと言われるシューゲイザーのリバイバルの動きが高まっていた。

その中でbeach houseはそのムーブメントの中心的存在として認知されていくことになる。

ヴィクトリア・ルグランの書く抽象的な歌詞と声が特徴的なbeach house。

本人もそのことを自覚しているようで、ふたご座特有の二面性が創作活動に反映されているんだとか。

偏見かもしれないけれど、なんかUSインディバンドの女の子って可愛い子が多い気がする。

ふぅ…沼にズブズブと沈み込んでいる。インディ沼?ランディ鈴木?ダンディ坂野?

ちなみにジャズ・ピアニストの「ミシェル・ルグラン」の姪っ子に当たるヴィクトリア。

どこぞの馬の骨であるイチローが、リアルサラブレッドに対して語れることは少ない。トニカクカワイイとだけ記しておく。

pinterestより

アレックス・スカリー…こちらも色男ですねぇ。イチローは若干ノイローゼ気味になった。ヨークベニマルの3パック納豆の底値より低い自尊心。

インタビューなどは基本的に彼が受け答えをすることが多く、beach houseのブレーン感が強いアレックス。

新譜のプロモーションなのに、2人の関係性について言及されることも多く、ふたりは辟易している様子。

んまぁ、美男美女がふたりで揃って活動していたら、噂が立つのも無理ないか。ぐへへ。感想がアッパラパーですみません。

っていうか恋人関係かどうかはこちらの記事で明確にヴィクトリアが否定しています。

The A.V. Club
Beach House's Victoria Legrand and Alex Scally are not a couple—so stop asking 2010 is the year of Beach House. Not only has the Baltimore, Md., duo created its brightest, most personal and intense album to date, but it is about to embark ...

もともと2004年の結成時はレコーディングプロジェクトとして始動したbeach house。

そのため、ライブやギグの予定などは一切組まれていなかった。

しかし初期のシングル「Apple Orchard」がpitch forkで取り上げられたことで界隈で話題に。

センスの塊のふたりがベリーハードワークでレコーディングした音源だ。そりゃ素晴らしくないわけがない。要はめっちゃ頑張った。えらい。

その後3rdアルバムからインディポップの名門「sub-pop」に移籍。ボブサップじゃないよ。誰が筋肉の二世帯住宅やねん。

世界各国の主要メディアの年間ベスト・アルバムを総なめにした「Teen Dream」でインディロックの中心的存在として認知されるようになる。

ビーチハウスのおすすめ4トラック・ちょこっと考察

イチロー

どもども。イチローです。
ここからはbeach houseのオススメの楽曲を紹介していきます。

ポップくん

世界的に評価された3rdからだよ〜

3rdアルバムTeen Dreamから「Zebra」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる