The Album Leafのオススメトラック4選

音楽の話

アンビエント大好き芸人・アルバムリーフについて

最近は地上波でもアンビエント・ミュージックが流れる機会が増えましたね。

誰が芸人やねん。イチローです。

今日はバンドではなくジミー・ラヴェルののソロ・プロジェクト「The Album Leaf」について紹介していきたいと思います。

アルバム・リーフ (The Album Leaf) は、ジミー・ラヴェル (Jimmy Lavalle) がポストロック・バンド、トリステザ (Tristeza) を脱退後、アメリカのサンディエゴでスタートしたソロプロジェクト。レコード会社はサブ・ポップ。

Wikipediaより

ジミー・ラヴェルが在籍していた伝説のバンド”トリステザ”とは?

さてさて、The Album Leafのジミー・ラヴェルが在籍していた「トリステザ」というバンドですが、日本語の記事だとあんまり情報が無いです。

ちょっとだけ詳しく調べてみました。分かったことだけ書いてみます。

self-titled-magよりトリステザ期の若きジミー・ラヴェル

アメリカのポストロック系のインストバンド「トリステザ」はカリフォルニアを中心に活動している。

レコードとしては2ndアルバムまでジミーがギターとして在籍していたことで知られる。

トリステザの2ndアルバムは2000年に発表なので、ジミーはその頃まではバンドに在籍していた形。

今聴いてみると確かにジミーの在籍期間中はThe Album Leafの片鱗を感じることができるので、

特に初期のThe Album Leafの作品のファンにはこちらのバンドもオススメしておきたい。

トリステザの1stアルバム Spine and Sensoryから「Golden Hill」

このミニマル感・・フォークトロニカっぽい音作りはまさしく初期のジミー・ラヴェルです。

こうやって聞くと昔のジミーの音もスタジオ感出てていい感じ。

トリステザの2ndアルバム Dream Signals in Full Circlesから「Building Peaks」

透明感のあるギターフレーズのループを基盤としたインスト・ロックをこのころのトリステザは目指していたようである。

1stの柔らかな音作りとドリームポップよりの楽曲と、2ndのポスト・ロックよりの冷たい音作りなど細かな音色の違いを感じることができる。

この後トリステザはさらにポスト・ロック性を重視したサイケデリックなアルバムを制作していくことになるが、それは今回とはまた別の話になります。

このころのトリステザはアンビエントやポスト・ロックなどに傾倒している記事を見かけるけれど、実際に聴いてみた感触だと、

今でいうbibioとかharuka nakamuraみたいなフォークトロニカ的な暖かい音作りが特徴的かなと思います。

このころのジミー・ラヴェルのギターサウンドにバンド全体がかなり影響されている感じですね。

アルバムリーフのオススメ楽曲4トラック・ちょっと考察

ちょっと遠回りしてしまいましたが、ここからは本筋に戻って「The Album Leaf」の楽曲を独断と偏見で紹介してみたいと思います。

「最近睡眠不足だわぁ・・」って人とかもはや「なんだか末端冷え性だわぁ・・」って人にまでオススメのトラックが続きます。

用法・用量を守って正しくご使用ください。

One Day I’ll Be on Timeから「The Sailor」

名盤と名高い「One Day I’ll Be on Time」からは

雨音の自然音から入るヒーリングトラックの「The Sailor」を選んでみました。

他にも名曲ぞろいの名盤ですよ。

IN A SAFE PLACEから「Twenty Two Fourteen」

一躍その名を全世界に知らしめた3rdアルバム「IN A SAFE PLACE」からは「Twenty Two Fourteen」です。

このアルバムも本当に捨て曲が無くて聴きやすい名盤です。

その中でも僕は思い出深いこの曲をチョイスしてみました。

ちなみにこのアルバムはSigur Rósのメンバーが参加していることでも話題になりました。

このアルバムだと「window」とかを選ぶ人間は多そうですが、独断と偏見なのであしからず。

Into the Blue Againから「Always For You」

4thからはバンドサウンドに回帰したトラックが増えてきたので、その中でも歌モノの「Always For You」を選んでみました。

インストやポストロックに抵抗がある人でもこのアルバムからならすんなりと「The Album Leaf」の世界観に入っていけると思います。

歌モノって言ったけど、かなりストイックな楽曲構成で声も楽器の一部みたいな使い方が多いです。

A CHORUS OF STORYTELLERSから「There Is A Wind」

5thアルバムからは「There Is A Wind」を選んでみました。

生のドラムの音にシンセやパッドを重ねて複雑な世界観をリズムの点からも感じられるようになりました。

その他、ギターやメロディなどのウワモノの存在感は健在で今までのThe Album Leafにはなかったスケール感を感じられるようになりました。

今まではジャンル的にも「インドア」傾向が強かったけれど、このころからベクトルが外に向き出してスケール感の大きいイメージをリスナーに抱かせるようになっていると感じる。

進化し続けるオルタナティブ・「The Album Leaf」まとめ

今日は「The Album Leaf」について紹介してきました。

僕はどんな時も音楽をかけて生活を送っているのですが、その中でも「The Album Leaf」はかかっている頻度が高いです。

生活の一部の音楽としてすごくオススメですよ。

今日はこんなところで。

Twitterより

コメント

  1. […] 前回紹介したThe Album Leafの名盤「In a Safe Place」にSigur Rósのメンバーも参加していたりするので好きな方は合わせてチェックしてみてもいいかもしれませんね。 […]

タイトルとURLをコピーしました