【2021年度】金欠でもスタバで頼める渋いドリップコーヒーのカスタマイズを考察【頼み方】

生活の話

金はないけどスタバでカスタマイズしたい・ドリップコーヒーを考察

こんばんわ。

最近スタバのドリップコーヒーを飲みすぎてるので、今日は店員さんに「いつもの人」と思われないように”スタバのドリップコーヒーのカスタマイズ方法”について書いてみようと思う。

自意識過剰ですか?すみません。

「ちょっとこのスタバ来すぎかも・・」って思ってあえてコメダ珈琲とか星乃珈琲にも定期的に行ってしまうタイプの人間です。

なんで自分がこんなことで気を遣わなきゃならんのかだんだん腹が立ってきました。

勝手に想像を膨らませて勝手にムカムカしてきたので、ちょっと外に出て落ち着いてきます。

・・・ふぅ。

そんなわけで今日はスタバのドリップコーヒーの話。

Starbucksより

ドリップカスタマイズその1・ホイップ追加(50円)

Starbucksより

「ホイップ追加で」で大丈夫。

熟練者は”エクストラホイップ”なる頼み方をするそうだ。

いつものドリップがちょっと贅沢になる”ホイップ追加”のカスタマイズ。

これは追加で50円かかっちゃうけど、そんなに甘くないし美味しい。おすすめ。

ちなみに「エクストラホイップで」って言うとドヤれるしホイップを増し増しにしてくれる。

おじさんに言わせれば「あ〜ウインナーコーヒーね」だけど郷に入っては郷に従うのが大人なのだ。

味に関しては特に説明する必要がないと思う。

ブラックコーヒーとホイップが合わないはずはない。うんまい。

スタバにはそそられるメニューがたくさんあるけれど、このような家でも出来るようなカスタマイズを選んでしまうことが非常に多い。なぜだ。

ドリップカスタマイズその2・アーモンドシロップ追加(50円)

Starbucksより

「アーモンドトフィー追加してください」でOK。

アーモンドとブラックコーヒーって最高にオツである。

これも往年の定番カスタマイズ。

おじさんが注文しても恥ずかしくないトッピング”アーモンドシロップ”ですね。

香ばしい大人な風味がツウって感じでパねぇっす先輩。って思う。

焦がしキャラメルが好きなら絶対におすすめできる一品。

袋に詰めれば筋トレが出来そうな重たく甘〜いシロップなのだが、これがジャンガリアンよろしくハムちゃんの瞳の様に黒いドリップコーヒーにマリア〜ジュ。

自分にこれほどの食レポ能力があることに驚いている。

まぁとにかく50円多く払う価値はあるカスタマイズだと思います。

ドリップカスタマイズその3・チョコレート追加(無料)

Starbucksより

「あ、チョコソース追加してください」でOK。

ちなみにキャラメルソースも無料で追加できる。

無料でできるドリップコーヒーのカスタマイズ方法の中でおすすめなのが”チョコレートシロップの追加”です。

ドリップコーヒーの風味を邪魔しないチョコソースなのはさすがスタバって感じです。

同じチョコレート感を味わう方法として「モカシロップ」というものもあるけれど、50円多くかかちゃうし個人的にはチョコレートシロップのほうが好きだ。

レジのお姉さんに甘えて「多めにしてください」って言えば無料なのにさらにチョコ増量してくれる。

まさに甘えん坊専用のカスタマイズである。

欠点としてはコーヒーが落ちるのを待つ間に「甘いのお好きなんですね」って店員さんに言われて切り返しに困るところか。

(自分はこのようなとき、なんか夢にチョコレートが出てきたんですよという意味不明な表現を使い、軽く引かれることが多い)

ドリップカスタマイズその4・デカフェに変更(50円追加)

Starbucksより

「デカフェください」というと”ドリップかプレスか”を聞かれるので狼狽えるなかれ。

特にこだわりがないのであれば「あ〜・・ドリップで」と答えよう。

興味はあるけどなかなか頼めなかった”デカフェ”へのカスタマイズ。

個人的にはプレスのほうが美味しいと思うけれど、ドリップに比べて90円ほど高くなってしまう。

頻繁にスタバで作業する人間にとって90円はちょっと痛いので頼む時はいつもドリップ。

今日コーヒー飲みすぎてるなぁ・・って時や、夜の作業の時なんかにおすすめ。

しかしやはりパンチの少なさは否めずイチロー個人としてはあまり好ましくないが、宇宙から見ればそこに優劣はない。健康第一である。

ちなみに日本のスタバでデカフェを飲もうとしたら”コモドドラゴンブレンド”という銘柄一択になってしまうのでコーヒー豆の選択の余地はない。

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

と思ったらデカフェの豆変わってたっぽい!

ディカフェ ハウス ブレンド|スターバックス コーヒー ジャパン
スターバックス コーヒー ジャパンのディカフェ ハウス ブレンドについてご紹介します。

フォロワーさんにおしえてもらた。いつも感謝です。

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

ドリップカスタマイズ番外編・おかわり(100円)

Starbucksより

レシートを持って行って「ワンモアコーヒーでドリップください」と言うとサイズを聞かれるので答えればおけ。

最初に飲んだサイズ以上のものは頼めないので注意。

スタバでドリップコーヒーを買う時にWeb登録済みのスターバックスカードを使うと、おかわりがなんと100円で飲める。

(通常のワンモアコーヒーだと150円)

帰ってからもコーヒーを飲みながら作業したい時にすごくありがたいので頻繁に利用していた。

レシートさえちゃんと残しておけば他の店舗でも使用できるため「店が混み合ってきたな・・」とか「場所を変えたいな・・」みたいな時にも役に立つ。

ホットのドリップを飲んで、帰りはアイスコーヒーを持ち帰るのがおすすめ。

ホットを頼んでおいてアイスを100円で持ち帰る・・こんなことが許されるのか?はい。大丈夫なんです。

慣れてしまえばこの微妙な緊張感がたまらなく心地よい。いつもギリギリまで攻めてしまうのも無意識に不思議ちゃんを装ってしまうのも治らない自分の悪い癖だ。

スタバのドリップコーヒー・カスタマイズ考察・まとめ

はい。ということで今日はおじさんでも頼める”スタバのドリップコーヒーのカスタマイズ方法”を紹介してきました。

簡単に自分がやったことのあるカスタマイズ方法を書いてきましたが、マニアの記事を見てみるとスタバのカスタマイズ方法はほとんど無限にあるんじゃないかと思える。

まぁ僕は今日紹介したのくらいで十分楽しめています。

またおすすめのカスタマイズがあったら追記していこう。

これからも知っていることや簡単にできることや想像できることを交換しながら、たくさん話し合って、みんなと仲良くやっていきたい。

今日はこんなところで。おやすみなさい。

コメント

  1. […] なんだかんだ言って結局は、自宅とか近所の気を遣わないコーヒー屋とかでダラダラしてみないとアウトプットモードには戻れないってことが、長年の研究によって明らかになってきている。 […]

タイトルとURLをコピーしました