閲覧注意・ザワつく政見放送について

雑記いろいろ

選挙の厳かな楽しみ方・政見放送を嗜みつつ考察してみる

こんばんわ。

もう何年も前から選挙に何か期待するならば、それはおもしろ政見放送しかないと確信しているイチローです。

今日はそんな僕が選ぶ、オススメ政見放送を紹介していこうと思います。

ちなみにこの記事の内容は個人主観の単純なおもしろさ判定によって動画などを選出しており、

イデオロギーや主義主張などの内容を加味してはおりません。

あしからず。

Wikipediaより

政見放送(せいけんほうそう)とは、日本の選挙において、公職選挙法に基づき、立候補者個人および政党・政治団体が、テレビ・ラジオにおいて政見を発表する放送番組である。日本の地上デジタルテレビ放送の電子番組ガイドでは「ニュース・報道」に分類されている。

wikipediaより

ザワつく政見放送その1・みんな大好き「ごとうてるき」

まずはみなさんご存知のトランスヒューマニスト党・党首の後藤輝樹さんです。

よしもとNSCに入りお笑いを志しますが相方が見つからずに政治家を目指すという、なかなか一筋縄ではいかない経歴の持ち主です。

政見放送の紹介文は「後藤輝樹37歳。皇暦2642年12月8日降臨・爆誕。9連続落選。てるき塾塾長、てるき教教祖。カリスマ、革命家、愛国者、救世主、神様、変人などなど」。

演説の内容は基本的に下ネタ連発で「オナニーで世界平和を実現する」という特異な持論を展開する。

噂では後藤さんの演説中はスーパーカミオカンデで大量のニュートリノが出るという。

ザワつく政見放送その2・リアルフリーザさま「外山恒一」

政治活動家であり文筆家でありストリートミュージシャンである外山恒一さん。

政治結社である「ファシスト党・我々団」を設立し自身が会長を務める根っからの運動家。

その風貌や独特の語り口からの右翼思想がかなり印象的なのだが、反原発や反資本主義などを掲げた前衛的な思想の持ち主。

この人の政治的立場はかなり独特なので5分間の政見放送だけで100%理解するのは難しすぎる。

火にバイオエタノールを注ぐような、地球に優しいのか優しくないのかわからない、なんだかお茶目な政見放送だ。

ザワつく政見放送その3・N国党のシューティングスター「小島ただふみ」

2021年。マダムが会いたい政治家?ランキング第1位の小島ただふみさんですね。

もともと群馬県伊勢崎市の出身ですが何故か地元ではない新潟県からの出馬。

個性派ぞろいのN国党立候補者の中でも、演説の中で「女性限定」に訴えかけるなどかなりキワどいキャラクター設定の小島さん。

彼の演説を聞いてなんだかディスティニいを感じませんか?感じてください。

N国党はどこの選挙区の代表も割と面白いのでオススメですよ。

ザワつく政見放送その4・伝説のシェキナ出馬「内田裕也」

敬愛していたアントニオ猪木氏が知事選出馬を取りやめたことがきっかけで自身が出馬することになった内田裕也さん。

政見放送の冒頭で「POWER TO THE ピーポー」と歌ったり、日本の選挙なのに経歴を英語で語りだすなど当時の政見ウォッチャーをザワつかせるには十分な内容だった。

1991年当時はインターネットやそれに伴うメディアも十分に普及していなかった為、この政見放送のダビングビデオはマニアの間で高値で取引された。

そのへんのシャバいロケンローラーとの格の違いを見せつけた印象的な選挙戦だった。

ザワつく政見放送・考察・まとめ

ということで、今日は簡単に個人的に好きな政見放送を紹介してきました。

紹介しといてなんですが、おもしろがって見たり調べたりしていると、

最初は「ぶっ飛んだこと言ってるなぁ・・」って思ってた内容が不思議に説得力があるような気がしてくるので深追いは禁物です。

それでもおもしろ政見放送が若い世代の政治への興味への入り口になることを期待せずにはいられない。

世界的に有限資源や希少動物への規制が増えたり、LGBTQへの理解がある地域が拡がったり、

生活困窮者の健康と生活を守るための政策が作られたりと、少しずつ前に進んでいるような感覚があったけど、

2016年にアメリカで行われた選挙をきっかけにあっさり元に戻った挙句、日本を含めた世界は混沌と迷走の最中にいる。

若い人が選挙に絶望しきって生きているのは、現在を作った上の世代の責任でもある。

加えて思うのが「政治の話をする人」はものすごく語気が強かったり、イデオロギー的に偏っている人が多い。

ちょっと間違っていたり、あるいは知らなかったり、単に見解が異なっているというだけで糾弾されてしまう状況で、

若い人らが活発に意見を交換したり質問したりしようと思えるだろうか。

おじさんとして僕もこれから気をつけていかなくてはならない。

自戒しつつ、おもしろ政見放送を探す日々をおくっている今日この頃。

それでは。

LIFEより

コメント

タイトルとURLをコピーしました