【ギターロックに】長岡亮介のクールすぎるバンド・ペトロールズについて【恋しちゃった】

音楽の話

浮雲こと長岡亮介のバンド・人生のガソリン”ペトロールズ”を考察

こんばんわ。地方在住のシティ・ボーイ。イチローです。きたろうか。

今日は長岡亮介さんのバンド「ペトロールズ」について語っていきたいと思います。

都会的でスタイリッシュな音楽。しかしながら超ロック。一曲聴いただけで情緒にジャストミートしてくる。はぁ。やばい。大好き。脳が溶ける。

圧倒的スマート感。野生のキリストかな。イチローはただのあてられた人。後光にオノノイテるモブキャラ。

そんなわけで、今日は長岡亮介さんのクールすぎるバンド。「ペトロールズ」について。

イープラスより

ペトロールズ(PETROLZ)は、2005年に結成された日本のスリーピース・バンド[1][2][3]。

Wikipediaより

ペトロールズのバンドのメンバーについて

毎度のことながら最初はバンドのメンバーについて紹介していきます。おざなり!

もともと色々な場でギターを弾いていた長岡さんが、純粋に楽しくやりたいことを追及できる場所を作ろうと思ったことで始まったペトロールズ。

「ちゃんと話せる人」がバンドメンバーの条件だったそうで、プライベートでも仲が良さそうな3人です。

長岡さんのサクセスストーリー…美しき人生の因果律が奏でる三重奏…尊い。良さみがエグい。

ってことでまずはフロントマンの「長岡亮介」さんの話をば。

長岡亮介・exペトロールズ・ex東京事変

ストラムブログより

長岡 亮介(ながおか りょうすけ、1978年10月7日 – )は、日本のミュージシャン、ギタリスト[4]。千葉県千葉市出身。バンド・東京事変(第二期以降)のメンバー。本項では、浮雲(うきぐも)名義の活動についても併せて記述する。

Wikipediaより

椎名林檎、星野源、大橋トリオ、野田洋次郎、originallove、ラブサイケデリコなど、数々のミュージシャンをサポートする、musician of musicianの代表選手。長岡亮介。

幼い頃から父の影響でブルーグラスやカントリーバンドに参加するなどして音楽家としての道をスタートさせます。

根底にカントリーというジャンルがあるようで、今の長岡さんのプレイスタイルもオープンフレーズをジャンルレスに取り入れるなど、その影響を感じることが出来ます。

「ギターらしくないフレーズ」をギターで弾いちゃうのが長岡さんのすごいところ。

人類が作ってきた過去の音楽がいいとこ取りでミックスシェイクされている長岡さんのギター。

情緒がおかしくなるでほんま。ちょっと脳が溶けた。

fenderより

長岡さんの凄さはギタープレイだけじゃない。中性的な声でのコーラスワークもめちゃくちゃカッコいい。惚れたぜ乾杯。どんなバンドにも超マッチ。へへッッ。

ギターを弾かせればエキセントリックで切れ味抜群。

コーラスをやらせれば楽曲を立たせる繊細な歌声。

作詞も作曲もできるとなれば長岡さんを必要としているプロミュージシャンが多いのも頷ける。

イケメンだしオシャレだし佇まいもカッコいい。

どうなっとんやろ。なにを食べて育ったらそんな尊い人間になれるんやろ。イチローは昨日の夕飯の献立すらも曖昧だと言うのに…。

三浦淳悟

LIM PRESSより

三浦 淳悟(みうら じゅんご、1975年7月17日 – )は神奈川県出身のベーシスト。

Wikipediaより

ペトロールズへの参加の他サポートミュージシャンとして活動している「ジャンボ」こと三浦淳悟。

吉井和哉や椎名林檎などとも関わりがあるスーパーベーシスト。やはり尊みは深い。

ラグビー部出身でガタイが良く、長身にベルボトムのヒゲパーマがトレードマーク。なかなかファンキーな御仁である。

もともと椎名純平つながりで長岡さんと出会い意気投合。そのままバンド結成に至る。要はめっちゃトントン拍子。

ペトロールズではハイトーンボイスでコーラスも担当することもある、バンドのファッショニスタがジャンボなのだ。

河村俊秀

LIM PRESSより

河村 俊秀(かわむら としひで、1978年12月5日 – )

大阪府高石市生まれ、千葉県育ち。愛称は”ボブ”。

長岡とは高校時代からの音楽仲間で、長岡を含めた友人たちと「ししゃも」というバンドも組んでいる[6][7][11]。サポートミュージシャンとしても活動。

Wikipediaより

長岡さんの高校時代の同級生でもありその頃はビジュアル系バンドにて活動していたボブ。

長岡さんを高校時代にビジュアル系バンドに誘うも断られてしまうが、逆にオススメの洋楽などを渡され影響を受けることになります。長岡さん…やさしい。

ちなみにボブさんと長岡さんが所属しているバンドの「ししゃも」は、ガールズバンドの「SHISHAMO」とは全く関係がない。

加藤あいと阿藤快くらい関係がない。

ペトロールズのおすすめ楽曲・考察・歌詞について

ここからはペトロールズのおすすめ楽曲を独断と偏見で紹介していきたいと思います。

ペトロールズの楽曲は、音源で聴いてもかなりソリッドに洗練されていて、そぎ落とされた音作りが特徴になっているのですが、実際のライブはそれの比では無いくらい贅肉の一切ついていないスリリングな構成になっています。

スリーピースのバンドのカッコ良さを凝縮・濃縮・抽出したような音楽体験が出来るので、機会があればぜひ生のライブを見てみることをオススメします。

ってな感じなので参考動画は基本的にライブ映像のものを採用しています。

スレッスレですごすぎるプレイ。アキラ100%。

キワッキワでヒヤヒヤするアレンジ。とにかく明るい安村。

なんつーか……総合すると。江頭2:50。

最強のスリーピースバンド。それがペトロールズ。なんつーか、そんな感じ。

みんな大好きライブの定番曲・雨

逢いたい気持はこの雨のように 全てを濡らして色を増すように

ペトロールズ/雨

繊細さと激しさ。静と動の呼応と調和。ペトロールズってバンドの名刺がわりの一曲『雨』。

雨は時にやさしく、あるいは猛烈に降り注ぐ。上手に付き合うのは難しいが、慣れてくればなるほどそれなりに豊かなものであると思えてくる。

スリーピースバンドとしてのレンジの振れ幅を遺憾なく発揮した名曲で、リリースから一貫してファンに大切にされている。

今の自分も、こんな感じの曲と気が合う感じだ。共感してもらえたら嬉しい。

音の洪水のような録音のロックバンドが増える中、センテンスで語る醍醐味などが感じられ、ペトロールズのバンドとしてのスタンスを明確に示した曲になっている。

野外フェス最高・Profile

浴びるよ 浴びるよ 横顔と 暮れるよ 暮れるよ この街も

ペトロールズ/Profile

基本的に「ステイ」一辺倒の曲ですが、バンドのドライブ感だけでサビをアッパーに聞かせるクールな『Profile』。

音をデカくすれば盛り上がっているように聞こえるよね。

ギターって歪ませればカッコよくなるよね。

でもね。バンドってそれだけじゃないんです。

歪ませなくたって音圧が無くたってギターはカッコいいのだ。バンドは観客の嬌声を帯びてドライブする。そこにあるのはあらゆる概念が渾然となった熱気だ。

このバンドがアジャストする場面ってのはいつだって正しいタイミングに思える。これは恋かもしれない。

ロックの可能性を広げた・ホロウェイ

その細い身体はわけもなく透けてしまいそう 

君を愛してやまない人と君とでただ何となくやり過ごしてきたのだろう 

あの月のように あの低い月のように

ペトロールズ/ホロウェイ

ブルースロックのかっこいいリフの応酬から、ダークなコードワークで一気にペトロールズの世界観に引き込まれる『ホロウェイ』。

ミニマムアレンジの頂に到達した運命の一曲。6分を超えカオスの様な広がりを見せるこの曲は、もはやプログレかもしれない。

生きていると全部が元には戻らない。言った場所からは戻れるけれど、知ってしまったことからは逃れることができない。

このバンドは”スリーピースバンド”ってものの考え方を変えてしまったとすら思えてくる。

アルバム曲もカッコいいよ・止まれ見よ

探し物は足下だご用心 見つかった気がしたら即試そう

ペトロールズ/止まれ見よ

ミニマルテクノを生バンドでやったらこうなりそう。って感じの「止まれ見よ」

タイトなイントロにコーラスワークが絶妙なメロ、キャッチーなサビ、ペトロールズ的な要素を全て含んだ一曲に仕上がっている。

ペトロールズは隙間や空白を楽しむバンドであることが理解できると思う。

歌い終わった時の長岡さんの表情を想像する。いつだって優しい笑顔が浮かんでくるのは、自分の勝手な欲望と希望だ。これは本当に恋かもしれない。

クールジャパン代表・ペトロールズまとめ

はい。今日も大好きなバンド「ペトロールズ」について紹介してきました。

ブログって偏見をさらけ出すのも面白いけど、ストレートに好きなものを書くもの楽しいよね。

改めて聴き返しましたがやっぱりカッコいいです…ただのファンが書いているブログです。はい。

3人のバンドってすごい。1人1人の技術が際立つスリーピースってカッコいいし憧れる。

2020年!ロックバンドのダイナミズムを体現するならペトロールズだ!って感じ?そんな感じ?

首をキリンにして…鼻をゾウさんにして新譜・全国ツアーを待っております。ただのファンです。

今日もただのファンの長文に最後まで付き合ってもらってありがとうございました。

ってことで寝ます。おやすみなさい。

hatenablogより

コメント

タイトルとURLをコピーしました