長岡亮介のクールすぎるバンド・ペトロールズについて

音楽の話

浮雲こと長岡亮介のバンド・人生のガソリン”ペトロールズ”を考察

こんばんわ。

今日は長岡亮介さんのバンド「ペトロールズ」について語っていきたいと思います。

コンクリートの海と・クラクションが似合う都会的な音楽です。

ペトロールズ(PETROLZ)は、2005年に結成された日本のスリーピース・バンド[1][2][3]。

Wikipediaより

ペトロールズのバンドのメンバーについて

毎度のことながら最初はペトロールズのバンドメンバーについて紹介していきます。

もともと色々な場でギターを弾いていた長岡さんが、純粋に楽しくやりたいことを追及できる場所を作ろうと思ったことで始まったペトロールズ。

「ちゃんと話せる人」がバンドメンバーの条件だったそうで、プライベートでも仲が良さそうな3人です。

まずはフロントマンの「長岡亮介」さんの紹介。

長岡亮介・exペトロールズ・ex東京事変

ストラムブログより

長岡 亮介(ながおか りょうすけ、1978年10月7日 – )は、日本のミュージシャン、ギタリスト[4]。千葉県千葉市出身。バンド・東京事変(第二期以降)のメンバー。本項では、浮雲(うきぐも)名義の活動についても併せて記述する。

Wikipediaより

椎名林檎、星野源、大橋トリオ、野田洋次郎、originallove、ラブサイケデリコなど、数々のミュージシャンを助けつつ現代を生きるmusician of musicianの長岡亮介。

幼い頃から父の影響でブルーグラスやカントリーバンドに参加するなどして音楽家としての道をスタートさせます。

根底にカントリーというジャンルがあるようで今の長岡さんのプレイスタイルもオープンフレーズをジャンルレスに取り入れるなど、その影響を感じることが出来ます。

「ギターらしくないフレーズ」をギターで弾いちゃうのが長岡さんのすごいところ。

fenderより

長岡さんの凄さはギタープレイのみならずその中性的な声でのコーラスワークにも定評があります。

ギターを弾かせればエキセントリックで切れ味抜群。

コーラスをやらせれば楽曲を立たせる繊細な歌声。

作詞も作曲もできるとなれば長岡さんを必要としているプロミュージシャンが多いのも頷けます。

イケメンだしステージ映えするしバンドに是非とも欲しい人材なのでしょう。

三浦淳悟

LIM PRESSより

三浦 淳悟(みうら じゅんご、1975年7月17日 – )は神奈川県出身のベーシスト。

Wikipediaより

ペトロールズへの参加の他サポートミュージシャンとして活動している「ジャンボ」こと三浦淳悟。

吉井和哉や椎名林檎などとも関わりがある。

ラグビー部出身でガタイが良く、長身にベルボトムのヒゲパーマがトレードマーク。

もともと椎名純平つながりで長岡さんと出会い意気投合。

ペトロールズではハイトーンボイスでコーラスも担当する。

ジャンボってキャラクターと愛称がマッチしてて素敵です。

河村俊秀

LIM PRESSより

河村 俊秀(かわむら としひで、1978年12月5日 – )

大阪府高石市生まれ、千葉県育ち。愛称は”ボブ”。

長岡とは高校時代からの音楽仲間で、長岡を含めた友人たちと「ししゃも」というバンドも組んでいる[6][7][11]。サポートミュージシャンとしても活動。

Wikipediaより

長岡さんの高校時代の同級生でもありその頃はビジュアル系バンドにて活動していたボブ。

長岡さんを高校時代にビジュアル系バンドに誘うも断られてしまうが、逆にオススメの洋楽などを渡され影響を受けることになります。

ちなみにボブさんと長岡さんが所属しているバンドの「ししゃも」は、ガールズバンドの「SHISHAMO」とは全く関係がない。

ペトロールズのおすすめ楽曲・考察・歌詞について

ここからはペトロールズの楽曲を独断と偏見で紹介していきたいと思います。

ペトロールズの楽曲は、音源で聴いてもかなりソリッドに洗練されていて、そぎ落とされた音作りが特徴になっているのですが、実際のライブはそれの比では無いくらい贅肉の一切ついていないスリリングな構成になっています。

まさにスリーピースのバンドのカッコ良さを凝縮・濃縮・抽出したような音楽体験が出来るので、ぜひ1度生のライブを見てみることをオススメします。

そんな感じなので参考動画は基本的にライブ映像のものを採用しています。

みんな大好きライブの定番曲・雨

逢いたい気持はこの雨のように 全てを濡らして色を増すように

繊細さと激しさ。静と動。

スリーピースバンドとしてのレンジの振れ幅を遺憾なく発揮した名曲「雨」は今なおペトロールズファンを生産し続けています。

音の洪水のような録音のロックバンドが増える中で隙間で聞かせるコーラスワークの醍醐味などペトロールズのバンドとしてのスタンスを表した1曲になっています。

野外フェス最高・Profile

浴びるよ 浴びるよ 横顔と 暮れるよ 暮れるよ この街も

基本的に「ステイ」一辺倒の曲ですがバンドのドライブ感だけでサビをアッパーに聞かせるクールな1曲「profile」です。

音をデカくすれば盛り上がっているように聞こえる・・

ギターを歪ませればカッコよくなる・・

バンドはそれだけじゃないんです。

歪ませなくたって音圧が無くたってギターはカッコいいしバンドはドライブするんです。

ロックの可能性を広げた・ホロウェイ

その細い身体はわけもなく透けてしまいそう 

君を愛してやまない人と君とでただ何となくやり過ごしてきたのだろう 

あの月のように あの低い月のように

ブルースロックのかっこいいリフの応酬からダークなコードワークで一気にペトロールズの世界観に引き込まれる「ホロウェイ」です。

静と動の極地をミニマムなバンド編成で完成させた1曲は6分を超えカオスの様な広がりを見せます。

最後のハードロック展開がカッコいい。

アルバム曲もカッコいい・止まれ見よ

探し物は足下だご用心 見つかった気がしたら即試そう

ミニマルテクノを生バンドでやったらこうなったって感じの「止まれ見よ」はタイトなイントロにコーラスワークが絶妙なメロ、キャッチーなサビ、バンドに大切な要素を全て含んでいます。

ペトロールズは隙間を楽しむバンドであることがこの1曲からわかるでしょう。

わかりやすいみんなが歌えるコーラスも特徴的で、フェス受けしそうな1曲。

クールジャパン代表・ペトロールズまとめ

今日は「ペトロールズ」について紹介してきました。

改めて聴き返しましたがやっぱりカッコいいですね・・

3人ってすごい!1人1人の技術が際立つスリーピースってカッコいい!

本当の腕利きのミュージシャンのダイナミズムを体現するならペトロールズだ!

あ、すみません偉そうに。

hatenablogより

コメント

タイトルとURLをコピーしました