【レイジは】移民の叫び”Rage against the Machine”・考察まとめ【なぜ怒るか】

目次

“Rage against the Machine”の怒りのトラックを考察

こんばんわ。坂口健太郎です。ウソです。イチローです。あ、ブラウザ閉じないで。

今日は今日とて大好きなバンド”Rage against the Machine”について書いていこうと思います。

もうね。わかってるんですよ。今更じぶんがこの手のバンドの魅力を語ることの意味のなさとか手遅れ感とか。ね。

でも好きなんだからしゃーない。別にクリエイティブのために生きているわけでもないし、今のところそこまで経済的にもやられきってないから好きなことばかり書くことができる。ありがたいことだ。

そんな感じなので今日も付き合いたての彼氏のアパートに「きちゃった(はーと)」って言いながら土足で入り込んでくる彼女みたいな距離感で書き進めていこうと思います。

そもそもなぜザックはあんなに怒っていたのだろう?勝手にアポなしでアパートを訪ねられたわけじゃなさそうだし、その程度のことでこのバンドの怒りのパワーは説明できない。

今回は”Rage against the Machine”の怒りの謎に迫ってみようと思う。

ミュジックガレージより

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(英: Rage Against the Machine)は、アメリカ合衆国のロックバンド。

1990年にカリフォルニア州ロサンゼルスで結成された。

英語圏ではRATM、日本においてはレイジという略称で呼ばれる。

Wikipediaより

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる