【過去作品】”ひぐらしのなく頃に業”ネタバレ考察その4・猫騙し編について【との違い】

ファー。こんばんわ。

今日も引き続き書いている“ひぐらし業”について。最近やっと”猫騙し編”まで見終わりました。

この”猫騙し編”でようやく今回の雛見沢で起こっている惨劇の黒幕が明かされることになります。

この回は、前回書いた”祟騙し編”の続編になっていて、大石さんがお祭りの夜に銃を乱射する描写から本編が始まる。

大石さんが雛見沢症候群を発症するだけでも前作からのファンには衝撃的なのに、なんと今回は”赤坂さん”・”公由村長”・さらには”園崎茜”までもが雛見沢症候群を発症し凶行に及ぶというトンデモ展開が待っています。

いやはやどうなる雛見沢。

そんな感じで今回は”ひぐらしのなく頃に 業”の四つ目の惨劇。”猫騙し編”です。

『ひぐらしのなく頃に』(ひぐらしのなくころに、When They Cry)は、同人サークル『07th Expansion』によるコンピュータゲーム作品である。

ゲームジャンルはサウンドノベル。監督・脚本は竜騎士07。正式なタイトル記述は『ひぐらしのなく頃に』と、「な」が赤文字で表記され、日本国外の言語でもこれに準じて表記される(例:When They Cry)。『ひぐらし』と略されることもある。

Wikipediaより
あわせて読みたい
【過去作品】”ひぐらしのなく頃に業”ネタバレ考察その3・祟騙し編【との違い】 ふぃ〜。こんばんわ。 今日も前回に引き続き"ひぐらし業・祟騙し編"についてです。 これも前作の"祟殺し編"をリブートしたお話なのですね。にぱー。 この話はあの悪名高...

第14話 猫騙し編 其の壱

アニメ”ひぐらしがなく頃に”より

沙都子を鉄平による虐待から救うことが出来た部活メンバー。理想的な世界で迎えた綿流しのお祭りだったが、そこに雛見沢症候群を発症した大石刑事が登場。村の住人・詩音・魅音・沙都子を銃殺。梨花自身もそのまま大石によって金属バットで撲殺されてしまう。

前回の”祟騙し編”で圭一が鉄平にぶん殴られている頃、お祭りの会場の神社では大石さんによる銃乱射事件が起こっていた。

理想的な世界の流れにおいても、またもや凄惨な最期を迎えた梨花は失意の底の夢の中で羽生に出会う。

「もう耐えられない」と嘆く梨花に、羽生は「これだけは教えたくなかった」と言いながら、“死が新たな始まりでしかない繰り返す者を殺す”力を持つという「鬼狩りの竜王」の在処を伝える。

ほとんど限界の精神状態でまたもや梨花は、昭和五十八年六月の雛見沢で目覚める。

凄惨な事件の記憶を繰り返し引き継いでいる梨花は、もはや部活メンバーと一緒にいても普通に笑うことが難しくなっていた。

そんな梨花を見て部活メンバーたちは「今回は梨花がゲームの内容を決めていい」と言い、梨花は「自分以外が鬼役の、雛見沢村全体を使ったかくれんぼ」を提案する。

そのかくれんぼの最中、「鬼狩りの竜王」の置かれている宝物庫に一人で向かう梨花。

神剣はすでに何者かの手によって無くなっていたが、刃の欠片を見つけ「自害するには十分」だと考える。

全てを終わらせようとする梨花だったが、梨花を心底心配した部活メンバーたちがなんと宝物庫の外までやってきていた。

梨花は考える。死ぬことはいつでもできる。

自分を大切に思ってくれている圭一、レナ、魅音、詩音、沙都子たちのぶん。

つまりはあと五回だけでも繰り返される惨劇の中で頑張ってみようと心に決めるのだった。

“猫騙し編”は”祟騙し編”と地続きになっているので、過去の作品との相違点やら比較点が見つけづらいなぁ。

ということはこの”猫騙し編”から本当の”ひぐらし業”は始まるのかもしれない。

「昔見たから今作は別にいいや〜」って思っている人はこの”猫騙し編”から見てみてもいいのかもしれない。

羽生が登場してこれまでの”ひぐらし 業”の世界を一旦整理する第14話

第15話 猫騙し編 其の弐

アニメ”ひぐらしのなく頃に”より

「あと5回だけ頑張ってみよう」そう決心した梨花だったが、特に打開策も浮かばないまま繰り返しの運命に身を委ねる。その5回のうちの実に4回もの惨劇が収録されているのが”猫騙し編 其の弐”なのだ。

数々のトンデモ展開が話題の”ひぐらし業”だけれど、この”猫騙し編 其の弐”はその最たるものと言っていいかもしれない。

そのくらいこの回の梨花ちゃまの扱いがひどい。

まず最初に梨花を惨劇から救うための救世主であったはずの赤坂に滅多刺しにされた挙句、ガソリンを撒いて火をつけられてしまう。

(ゲーム版をやっていた人には衝撃的だがこの時のパターンの赤坂は妻と子を梨花に救われている)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる