【夜に駆ける】音楽業界の新様式・YOASOBIのオススメ楽曲【もしも命が描けたなら】

目次

CDリリース無しでビルボード・紅白を取った「YOASOBI」について

こんばんは。YOASOBIっていうかYOFUKASHIって感じのイチローです。ズボラブロガー。

今日は紅白出場で話題になった音楽ユニット「YOASOBI」について紹介してみようと思います。

YOASOBIの音源リリースは2021年になってからようやくEPが出ただけ。それまではストリーミングやダウンロード配信のみだった。

そんな新様式でのサクセスストーリーを体現した音楽ユニットとして、業界でも注目されていたみたい。

メロディもキャッチーだし、サウンドもあらゆるジャンルを取り込んでいて、且つイマドキ。

ボーカロイドPは商売あがったりである。正直この枠。YOASOBI最強感ある。

ちなみにYOASOBIの活動コンセプトとして「小説を音楽・映像に具現化する」というものがあるので、その辺をふまえて聴いてみると、より感覚的に掴みやすいのかもしれない。

やっぱり正直、ね。文学と音楽は、かなりいい仲にあると思われる。ここだけの話、たぶんデキてる。ちょめちょめ。

ってなわけで今日は音楽業界の新様式「YOASOBI」の話。

YOASOBI オフィシャルサイトより

YOASOBI(ヨアソビ)は、ボーカロイドプロデューサーのAyaseとシンガーソングライターのikura(幾田りら)による2人組の音楽ユニット[1]。

Wikipediaより

YOASOBIの来歴や過去の活動・”Ayase”と”ikura”

イチロー

どもども。イチローです。
まずは簡単にメンバーについて触れておこうと思います。
まずは「Ayase」さんから。

日経クロストレンドより
イチロー

EXILEや嵐などのJ-POPの歌手に憧れて音楽の道に進み、マイブームはK-POP。
5歳からピアノを習っており、小学生の頃に国際コンクールに出場していたという。天才かッッ!

ポップくん

まさにYOASOBIのブレーンって感じ。
AyaseさんはもともとボカロPとして有名だったよね〜。

イチロー

次はボーカル。シンガーソングライターの「ikura」さんですね。

いまどきウォッチより
イチロー

幼少期は海外で過ごし、小学6年で初めて作詞作曲、中学3年から本格的に活動を開始したikuraさん。
幼い頃はEXILEや嵐に憧れをもっていたらしく、Ayaseさんと音楽的なルーツは近い。

イチロー

影響を受けた歌手は、YUI、aiko、テイラー・スウィフトと語っていてかなりPOP志向なシンガーです。
ちなみに海産物のイクラはあまり得意ではないようだ…

ポップくん

ikuraさんも「ぷらそにか」のメンバーとして既に界隈では知られた存在だったんだよね〜。

YOASOBIのオススメ曲について・ちょっと考察も

っつぉい!ってことでここからはオススメ楽曲です。

っていうかね。YOASOBI。全部オススメ。全部オススメして終わっちゃう。お手上げ。

虎になった李徴ねが。すたこらさっさと竹やぶの中へ逃げちゃう展開。イチローもふて寝しようか。

全っ然関係ないけど、今テレビのCMで外国人風のキャラクターが「ニッポンハ天国デース」って言わされててつらみ。

わりとこういうのにメンタルをやられる。記憶もバックスペースを押しまくって消してしまいたい。

ちがうちがう。俺は今日夜に駆けるんやった。あ、ほんとうにジョギングは趣味です。1日5㌔走ります。

YOASOBIオススメ曲その1・夜に駆ける

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる