【尾崎とか】明日はどっちだ!クリープハイプの魅力について【世界観とか】

目次

過去はスリーピースだったよね・”クリープハイプ”考察

こんばんわ。ギターロックを聴くと、たまらんくなるとです。イチローです。

同世代のバンドが頑張っているとなんか元気が出ますよね。出るよね?白鵬とか…ダルビッシュとか…バンドちゃうんかーい。

このバンドがちゃんと売れ出した時。イチローは飛び跳ねたいほど嬉しかった。

まぁ自分はもうレッキとした大人であるからして、社会的なダウンフォースを受けながら生活をしているわけで、実際に跳ね回ったわけではないのだけれど。

まぁ。とにかく。ほんっとにね。なんでだろ。嬉しかったわけですよ。なーんか。←語彙力

ってぇことで今日は「クリープハイプ」について紹介していこうと思います。思っています。

spiceより

尾崎の作る独特の歌詞と、ハイトーンボイスが特徴的。この特徴は、「クリープハイプのファンの女性の心情」を描いた2ndシングル「社会の窓」において、自虐的に歌詞にも組み入れられている。

Wikipediaより

現在のクリープハイプのバンドメンバーについて・ツイッターもやってるよ

はいはい。いつものごとく最初はバンドメンバーについて簡単に紹介していこうと思いまっす。

俺が思うに、バンドの形態ってもんは、たったふた種類しか存在しない。

クリープハイプか。クリープハイプ意外かだ。(ローランドっぽい語録)

んん??

なんか今日は感情のジャンルがさだまらない。さだまらない。さだまさし。

ええ??

まぁ。とにかく、イチローといえばクリープハイプなんですよ(たぶん)

ボーカル・ギター「尾崎世界観」

ロッキンオンより
イチロー

「世界観」という名前は、初期メンバー時代の2005年頃にライブ観覧者から言われた「世界観がいいね」に対する疑問から。
以前は本名の尾崎祐介(おざき ゆうすけ)で活動していた。

高校時代よりバンド活動を始めた尾崎さん。

当時からライブハウスに出演するなど勢力的に活動していて漠然と音楽の道を志すようになるが、自身の両親にはその事を伝えずにあくまで「趣味」としての音楽活動を続ける。

そのため高校を卒業後は製本会社に一旦就職。しかし多忙なバンド活動によりすぐ退職。

その後はバンド活動に本腰を入れるために、スーパーのアルバイトを調整してライブを続ける生活を送る。

高校時代から組んでいたメンバーとも離れ、その後に組んでいたメンバーも別のバンドに流出してしまう。

一時期はクリープハイプは尾崎さんひとりのプロジェクト名になってしまったりもした。

並みのバンド戦士ならとっくに思考停止しているはずだ。さすがの世界観と言ったところだろうか。

2009年に現メンバーが揃ったこともあり、活動が本格的に軌道に乗っていく。

冬に飲むコーンポタージュのように、ぐびぐびと売れていった(主観)

その時に感じたライブでの手応えが「バンド」という曲で表されています。

イチローは、まだこんなに真剣に生きられていない気がしてくる。見習いたいものだ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる