【株式】cis語録・投資家たちのヒーローの名言を考察【仮想通貨】

目次

総資産230億”伝説の個人投資家cisの呟き・語録”を30万人が待っている

ででん。こんばんわ。あんまり言わないけど資産運用話が大好きなイチローです。

個人的に、株取引とかに関しては専門家の意見はあんまりアテにならんと感じております。

喋ってる言葉に専門用語が多すぎるし、結局相場なんて上がるか下がるしかないのにウダウダ言いすぎ。

しかも全然当たらん。もはやキョトン顔。イチローが深田恭子になる瞬間。

そんなウサンくさい投資界隈において、cisさんの感覚とか嗅覚とかはとってもリアルで、投資初心者でも参考にできることがたくさんある。

俺たちが目指すべき裸の太陽はここにあった。MOON CHILDかな。

ってことで、今日はイチローの相場のヒーロー「cis」さんについて、過去の名言を振り返りつつ紹介してみようと思います。

cis(シス、1979年3月[1] – )は、日本の個人投資家。本名は非公開。

Wikipediaより

cis名言集を考察してみる

現物でも先物でもビットコインでも勝ちまくりのcisさんですが、普段どのような心境で取引をしているんだろう?

そんな疑問からsicさんの言葉を集めてみることにしました。

読んでみるとわかるけど、なんつーかね。神童なのよねほんと。控えめに言って神童。イチローの方が年下だけど。

まぁ投資金額とかはちょっとマネできないけど、心意気だけでも参考にしてみることにしよう。

cis名言集その1 「売られていたものが、自分が買ったら上昇するなんて都合のいいことは起こらない。」

2チャンネルより

cisさん自身も逆張りを狙うことはあるが、自身の経験からの判断であって無策なナンピン買いは全くのナンセンス。

自分の思惑とは逆に値動きした場合にはキッパリ損切りをするべきだと語っている格言ですね。

自分の失敗や敗北を認めることができないのは投資家として最悪ってことか…失敗から逃げていては相場で勝てるようにはならないってこと。

いかに損害を最小限に止めることが出来るかが大切だと教えてくれる。

当たり前の話ですが、下がっている銘柄を買ってもそのタイミングで上がるわけないんだよね…悲しいけど。

素人は粘って逆転勝ちを夢見ちゃうけど、それは結局傷口を広げているだけの行為だと教えてくれる名言です。

テンションが完全に呪われし勇者になってると、相場では絶対負ける。自分は世界の中心ではないのだ。

cis名言集その2 「おっす おら損五億。」

2チャンネルより

2006年の年明けに起こった「ライブドアショック」での名言。

下がり続けるライブドア株に100円台後半で突撃したcisさん。

逆張りで19億円もの大金をぶっこむんでリバウンドを狙っての特攻…しかし株価は思惑通りに上がらずにその日のうちに損切りすることになる。

たった1日で5億円もの大金を失ったcis氏だったが取引が終わったのち、2チャンネルに書き込みをした後そのまま麻雀を打ちに行った。

この逸話は単純に大きな損害のことを取り上げられることが多いが、取引そのものはcis氏の想定の範囲内で収まっていることが非常に大切な教訓と言える。

この名言は自分の思ったような値動きにならなくても冷静に損切りを行うことの大切さを教えてくれる典型的なもの。

5億円分の株だと損切りする際の流動性のリスクなども考慮しなくてはなりませんが、その点も売り板を見てリバウンド狙いの買いが厚いことも事前に確認していました。

cisさんにとって5億の損害もリスク考慮の範囲内。株取引は1つ1つの勝負に拘っちゃいけないということですね。

見極めるのだ。ボールか。ストライクか。直球か。変化球か。バックドアか。フロントドアか。

cisさんはきっと前世は強打者だったに違いない。

cis名言集その3 「フォースを感じればほぼ負けはない。」

2チャンネルより

相場には目に見えない大きな力が働くことがある。

日銀による介入や海外指数の組み入れなどによって盲目的に株に買いが入る状況のことだ。

個人投資家はこうした大きな資金流入の流れに乗ることが大切だとcisさんは語っている。

また逆も然りで、悪材料が出た際に一気に資金は流出するので、その場合は売り切られた段階を見極めることも大切だってことも合わせて言っている。

cisさんが「フォース」とか「盲目の資金」と呼ぶものってのは、こういった年金・投信・海外ファンドなどの資金流入を指していて、個人の力が及ばない「大きな力」の総称なのです。

この辺の資金は株を買い集める行為自体にノルマや期間が決まっているから、機械的に株価が上がっていくのも納得って感じだ。

長いものには巻かれろっつーか。なんつーか。エンゲージメントにコミットメントしてモチベーション高めていくっつーか。なんつーか。そんな感じ。

cis名言集その4 「現金化するまでが遠足。」

2チャンネルより

2005年の年末に起きた「ジェイコム株大量誤発注事件」での名言。

ある日cis氏は61万株の売り注文によってストップ安になっているジェイコム株を発見する。

冷静に発行株式数を確認して誤発注だと確認するcisさん。

その後ひたすらに手動で買いを入れるためにキーボードを叩く。その最中でもcisさんは…

「この規模の誤発注は聞いたことがない」

「もしかしたらこの取引は裁定の介入で無効にされてしまうかもしれないな」

と考えを巡らせる。

cisさんは買った直後に株価がストップ高にリバウンドしたのを確認すると、その段階でもまだまだ割安のジェイコム株を全て売却。

さらにその売却益で他の銘柄で取引をして資金の履歴を上書きしすぐさま出金予約をするcis氏。

この日はこの行動の利益だけでおよそ6億円もの利益を得ることになる。

実際は裁定による取引の無効化などは無く、ストップ安で買って持ち越した人間はさらに利益を上乗せしたのだがそれは結果論でしかない。

cisさんは「同じ場面に戻ったとしても、同じように行動すると思う」と語っている。

この名言も非常にcisさんらしい冷静な判断力が感じられるエピソードから出てきたものですね。

お金を掴むまで安心しちゃいけないよね。含み益なんて絵に描いた餅だもんで。

「あれっ、いま俺、おもち食べたっけ…?」

「ばっかも〜ん!それがルパンじゃ!逃すな〜〜〜!追え〜〜〜!」

利益の逃げ足は伝説の怪盗並みに速いのである。要注意。

cis名言集その5「値動きは順張り、材料は逆張り」

2チャンネルより

基本的に相場では市場の値動きや地合いに沿って「順張り」で取引をするcisさんだけど、海外事情が絡んでの材料では「逆張り」で勝負するのがcis流である。

近年ではEU加盟国の減少や北朝鮮のミサイル問題など、海外の政治的ニュースで企業価値とは無関係に下がっている銘柄には逆張りで勝負するってこと。

「一時的な悪材料」なのか「本質的な悪材料」なのかを見極めて…

「雰囲気で売られ過ぎている」と判断すれば思い切って買いをぶつけるのだ。

週明けは世界の主要な市場の中では日本が1番最初取引が行われる。

だから海外の悪材料が出た時に日本市場は売られすぎる傾向があるんだってさ。

海外の政治的な要因だったら「売られ過ぎ判断」で逆張りもありってことをこの名言でcisさんは語っているのだ。

日常的な会話の中でも無意識に不思議ちゃんを装ってしまうイチローにとって、逆張りってもんはとてつもなく魅力的に思えるが、時と場合を選んでやるもんなんだな…ってこの名言を見ていて思う。

なにも考えてない逆張りは、死あるのみである。アーメン。

相場で230億を稼いだ男cisの投資の鉄則・しっさん考察まとめ

ってことで今日は「cis語録・名言集」ということで、俺たちの相場のヒーローcisさんについて紹介してきました。

ユーモアとチャーミングさを兼ね備えたcisさんの呟きにはいつも大注目しているイチローがお送りしました。いかがでしたでしょうか?

実生活でいかがでしたでしょうか?なんて言ったことないけど使ってみました。

いかがでしたでしょうか?太字にしてみました。ちょっとキモい。

cisさんはつねづね個人の「身勝手な予想」に頼るな、と語っています。

市場の潮目に沿って行動することが勝つ可能性を上げるってことですね。わかりみがマリアナ海溝。

今回は紹介しなかった言葉で言えば「相場のことは相場に聞くしかない」っていうのも有名なcisさんの名言の1つですね。

200億円以上稼いだ神様でも「損切りが基本」って言ってるんだから、取引をする人間はみんなそのことを忘れるべきじゃないのでしょう。

投資なんて同じ状況でもなにを思うかなんて人によって違うけど、このことはだけは刻んどこうと思いました。

今日も最後まで付き合ってもらってありがとうございました。

今日はこんなところで。おやすみなさい。

笑っていいとも!より

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる