明日はどっちだ!クリープハイプの魅力について

音楽の話

過去、西荻とか吉祥寺で見かけた時はスリーピースだった”クリープハイプ”考察

こんばんわ。同世代のバンドが頑張っているとなんか元気が出ますよね。

ということで今日は「クリープハイプ」について紹介していこうと思います。

尾崎の作る独特の歌詞と、ハイトーンボイスが特徴的。この特徴は、「クリープハイプのファンの女性の心情」を描いた2ndシングル「社会の窓」において、自虐的に歌詞にも組み入れられている。

Wikipediaより

現在、クリープハイプのバンドメンバーについて・ツイッターもあるよ

最初は知らない人のためにクリープハイプのバンドメンバーについて簡単に紹介していこうと思いまっす。

知っている人は読み飛ばしてください。はい。

ボーカル・ギター「尾崎世界観」

ロッキンオンより

「世界観」という名前は、初期メンバー時代の2005年頃にライブ観覧者から言われた

「世界観がいいね」に対する疑問から。

以前は本名の尾崎祐介(おざき ゆうすけ)で活動していた。

高校時代よりバンド活動を始めた尾崎。

当時からライブハウスに出演するなど勢力的に活動していて漠然と音楽の道を志すようになるが、

自身の両親にはその事を伝えずにあくまで「趣味」としての音楽活動を続ける。

そのため高校を卒業後は製本会社に一旦就職するものの多忙なバンド活動により退職。

その後はバンド活動に本腰を入れるためにスーパーなどのアルバイトを調整してライブを続けます。

高校時代から組んでいたメンバーとも離れ、

その後に組んでいたメンバーも別のバンドに流出してしまうなど

一時期はクリープハイプは尾崎1人のプロジェクト名になってしまう危機を迎える。

しかし、2009年に現メンバーが揃ったこともあり活動が軌道に乗ります。

その時に感じたライブでの手応えが「バンド」という曲で表されています。

バンドやっててメンバーが固定できない時の苦労って本当にツライ。

なんか急に売れた感覚でいる人も多いと思うクリープハイプですが、なかなかに長い下積み時代があったのです。

ブレイクした時の感動はファンたちにとっても一入だったでしょう。

ギター「小川 幸慈」

ニューカマーミュージックより

ひげとストローハットが特徴的なクリープハイプのギタリスト。

尾崎世界観が”あい”と愛称をつける。

18歳のころ尾崎と対バンで顔を合わせるようになっていたという小川は

メンバーのいなくなったクリープハイプにタイミングよく加入する。

もともと対バンで顔を合わせていた時から尾崎の存在に注目していたようだ。

プレイヤーとしては1曲を通してギターソロを弾いているよな単音フレーズが特徴的で、

クリープハイプのバンドとしての特性である「二重メロディ」を担っているギタリストである。

ベース「長谷川 カオナシ」

ロッキンオンより

かたくなに「カオナシ」という名前を使うことにこだわったベーシストの「長谷川 カオナシ」。

実は「長谷川」自体も本名ではない。

中性的な顔立ちや髪型、服装と唇のピアスが特徴的なクリープハイプのベーシスト。

その端正な容姿から主にクリープハイプファンの中でも女性ファンに人気を誇る。

個人としてはアメコミのミュータントタートルズの大ファンであり、

自宅でも亀を飼育するなど凝り性な一面も。

その他バンドのオフィシャルグッズのデザインを手がけるなど

素人とは思えない画力にも注目が集まっている。

ベースという楽器の特性上、俯瞰で全体を見ることが多いから視野と一緒で技術や趣味の幅も広いのかも。

ドラム「小泉 拓」

naverまとめより

ドラムの「小泉 拓」はメンバー最年長のバンドメンバー。

小学生の夏祭りのときの和太鼓がキッカケでドラムを始めるというう変わった経歴の持ち主でもある。

そのためもともと歌モノのバンドでドラムを演ることに興味はなかった。

しかし偶然にも尾崎と一緒にバンドを組むことになり小泉のドラム人生にも転機が訪れる。

尾崎の個性に出会ったことで、バンド加入後は自分を殺し楽曲を優先するプレイスタイルに転向。

ハッキリと打楽器にオーダーするタイプの歌い手だった尾崎の影響が大きかったと語っている。

クリープハイプ・僕が選ぶおすすめ4トラック

さてさて、ここからはいつものごとく独断と偏見で選ぶオススメトラックのコーナーです。

自分でも書いていてビックリしたのですがコーナー化していたんですね。はい。

モノマネでおなじみ・インディーズ時代の「HE IS MINE」

最初にこの曲を聴いて衝撃を受けて追っているファンの方も多いのではないでしょうか。

ライブで可愛い女の子たちが「セックスしよう!!」って言っているのを見て、僕たちは何を思えばいいのだろう?

まぁカッコいいからいいか。

1stアルバム「死ぬまで一生愛されてると思ってたよ」から「蜂蜜と風呂場」

こちらも俗っぽい歌詞の内容が話題になった蜂蜜と風呂場ですね。

小川さんの尾崎さんに沿ったショートディレイギターがかっこいいですね。

内容的にも「こんな歌詞歌っちゃっていいのかよ感」が魅力のバンドでもあるので、その辺も分かりやすいトラック。

2ndアルバム「吹き零れる程のI、哀、愛」から「おやすみ泣き声、さよなら歌姫」

疾走感とか青春の輝きとか夏の匂いとか。

キッズが胸熱になるポイントを全て抑えたトラックのおやすみ泣き声、さよなら歌姫です。

奇をてらったギミックなどは何もなく、メロディとバンドの初期衝動だけで突き進んでいく楽曲です。

3rdアルバム「一つになれないなら、せめて二つだけでいよう」から「ボーイズENDガールズ」

バイト生活が続くインディーズ時代に尾崎さんが3日で作った楽曲のボーイズ END ガールズです。

こういう曲って下北沢に住んでた人とかにはたまらないんですよね。

クリープハイプは「なんとか系」という括りではなかなか語られないけど、この曲だけは「下北系」だと僕は思っています。

尾崎世界観は孤独を歌う・まとめ

今日は「クリープハイプ」について書いてきました。

なんでクリープハイプっていいのかなぁ?って考えたら、やっぱり薄っぺらい友情とか愛情とか、ポップソングで歌われがちなマジョリティさが一切無いから、個人個人が勝手に共鳴しているんだと思いました。

今日はこんなところで。

story-writerより

コメント

タイトルとURLをコピーしました