【映画】ブルースブラザース名場面・豪華なバンドメンバーに憧れて【まとめ】

映画の話

映画・ブルースブラザースの魅力について語りたい

こんばんわー。マリオ&ルイージよりエド&アルよりジョン&エルウッド派のイチローです。

今回は映画「ブルースブラザース」について紹介していこうと思います。

元気を出したい時に見たい映画ナンバーワンだし、正月でウチでダラダラしたい時なんか決まってかける映画である。

なんだか明るい気持ちになっておもちを食べまくることができるし、こんなに美味しいならおもちに殺されたっていいかもしれない。

あーでもダイソンの掃除機に命を救われる体験ってのもしてみたい、ブログネタになるかも…ちがうちがう。今日は”ブルースブラザース”の話。

シネモアより

『ブルース・ブラザース』(The Blues Brothers)は、1980年にジョン・ランディスが監督したアメリカ映画。アメリカ合衆国のコメディアンであるジョン・ベルーシとダン・エイクロイドが主演で、彼らをフロントメンバーとするR&B/ブルースの音楽バンドとしても活動している。

Wikipediaより

ブルースブラザースのバンドメンバー・俳優について

おもちはさておき、まずはブルースブラザースの登場人物について紹介していきましょう。

だめだ。このブログ余談が多すぎる。文字数が無駄に多い。

あれ?でももしかしてこの「くだらなさ」ってのが読者に対して”心の広い人フィルタリング”になっているんじゃないのか?うそやだー。

だからバズりもしないし炎上もしないのかも…絡んできてくれる人みんないい人だし。

インターネットってこのくらいの距離感が心地いいなぁ。自分的にはとてもありがたい環境である。

ちがうちがう。映画の登場人物の話!まずはジェイクから!

ジェイク役「ジョン・ベルーシ」

まず最初は主人公「ジェイク・ブルース」役の「ジョン・ベルーシ」の紹介からです。

映画の中のジェイクもかなりぶっ飛んでますが、ジョン自身も33歳の若さでドラッグのオーバートーズにより亡くなっています。本人もかなり破天荒だったんですね。

「ジェイクのいないブルース・ブラザースなんて…」といって「2000」の方をあまり評価しない人が結構な人数いるけれど、

そんなこと言われたところでイチロー的には「はあー、そうですかー」的なジジイみたいな反応しかできない。

Twitterより

イエス!イエス!ジーザス・タップダンシング・クライスト・・・俺は光を見た!

バンドだ!

もともと深夜テレビのバラエティ番組のコーナーから始まった「ブルースブラザース」ですが、コメディアンとしてのベルーシとダンのコンビが作品の良さみであり深みであると言える。

とにかく最高にクールでしかもめちゃくちゃ笑える。こういうの大好き。誰かオススメ教えて欲しい。

日本のバンドだと「グループ魂」みたいな?そんな感じの映画?ブロガーとかいっといて語彙力がホントにアレだけどソコは理解力のある読者さんたちにコレをコウコウコウしてもらってどうかひとつよろしく。

エルウッド役「ダン・エイクロイド」

次はジェイクの相棒の「エルウッド・ブルース」の紹介です。

赤ひげおじさんにとっての緑ひげおじさん。国家錬金術師にとっての鉄仮面。それがエルウッド。

気だるい雰囲気と長身スーツがカッコいい!指に入れたタトゥーもやっつけな生活感もめちゃくちゃクール!ぶっ壊れチート★5のブルース野郎。それがエルウッド。

はてなブログより

忘れないで欲しい。みんなに共通することがあるということを。

「エルウッド・ブルース」役の「ダン」は才能に溢れた人物として知られている。

この映画の「ブルースブラザース」でも自ら演出や脚本を手がけているし、有名コメディ映画の「ゴーストバスターズ」でも脚本を手がけるなどマルチな才能を発揮。

ベルーシを失った後は失意に暮れるが、その後はブランド管理会社を立ち上げるなど精力的に活動。

役者としても次のアップデートで運営から補正がかかるほどのぶっ飛び具合であるエルウッドを完璧に演じている。すごいタレントさんなのだ。

ギタリスト「スティーブ・グロッパー」

次はギタリストの「スティーブ・クロッパー」!!大好き!!

スタックスレーベルでオーティスやらウィルソン・ピケットやらブッカー・Tなど数多くのアーティストと共に名曲を作り上げたレジェンド・オブ・レジェンド。すごい・オブ・すごい。の称号を持つギタリスト。

なんでコメディ映画なんかでるんだ?ちなみに映画内では実名で登場してくる。はー、オモロ!

セリフらしいセリフは全然ないけれど、「スティーブ・クロッパー」役としてクールにジェイクとエルウッドを支える姿はまさに仕事人。

この映画は魚介類で例えるならアワビ・キンメダイ級のミュージシャンが続々と登場してくる。まさに竜宮城のごときコメディ映画なのである。竜宮城行ったことないけど。

ベーシスト「ドナルド・ダック・ダン」

次はベーシストの「ドナルド・ダック・ダン」ですね。

サム&デイヴとかマー・キーズを支えたグルーブマスター!!

魚介類で例えるならドナルドのベースはクロマグロかな?のどくろかな?もう魚介類で例えるのやめてもいいですか?

FCブログより

クロッパーと共に数々のアトランティックレコードの大物を支えてきたドナルドだけあって、映画の中のベースプレイも冴え渡っています。

場面ごとにドナルドのベースの色が変わっていくのも隠れた見所の一つ。

パイプを咥えながら楽器を演奏する彼の姿に世界中のキッズ達は憧れを抱きました。ラルクのkenかドナルドだよね。きっとたぶん。

2012年の来日中に亡くなったのは記憶に新しい。RIP…ドナルド。

ブルースブラザース・楽曲と大物登場人物について・ちょっと考察

はい。こっからは劇中のバンドの楽曲と一緒に参加している大物登場人物について語ってみようかなと思います。

魚介類にはもう例えません。安心してください☆

劇中でのライブ演奏と意外な登場人物がこの映画のおもしろポイントだと思っているので、結構重要なセクション。

ゲストアーティストのことを理解してなくても映画自体は楽しめるけど、ここを理解しているとよりいっそう「ブルースブラザース」が好きになれると思うので紹介してみる。

アレサ・フランクリン

家庭のこと!考えな!!

なんとソウルの女王「アレサ・フランクリン」がバンドメンバーの奥さん役として登場!そのソウルフルな生声を披露してくれます。

日本で言うところの「アイデン&ティティに和田アキ子が登場」くらいの感覚。すっご。すっげ。

ジェイクとエルウッドはバックダンサーとしてこの演奏に登場するんだけれど、そのヘンテコなダンスも見どころですね。

レイ・チャールズ

ローズの黒鍵はサービスだぜ。

楽器店の店主としてなんとレイチャールズが登場。ボロボロのフェンダーローズをジェイクとエルウッドに売りつけます。

日本で言えば「ジャズ大名に坂本龍一が登場」しちゃうくらいの衝撃。なにこの映画?

レイさんにかかれば黒鍵がなくたってこのプレイ。うは。やゔぁ。語彙力。

いや〜14000ドルでも買っちゃうよね〜。このシーンも「ブルースブラザース」の名場面の一つとして語られることが多い。

序盤の流れでのメンバー集めから楽器集め、ライブのドサ回りまでの流れがおもしろすぎます。

ジェームス・ブラウン

スピリットをつかんだのか、ブラザー?

スピリットを持ってるのか、ブラザー?

スピリットを知ってるのか、ブラザー?

結構序盤になりますが、ファンクの帝王「ジェームス・ブラウン」もなんと牧師として登場。ジェイクに啓示を与えます。

日本で言えば「NANAに松崎しげるが登場」するようなものだ。ウソだこれは違うな。

とにかく、このJBのお告げによってジェイクは自身に降りかかったあらゆる全ての問題をバンドで解決しようとする。

朝の礼拝中に教会で大盛り上がりの名シーン!「ブルースブラザースといえばこのシーン!」と思っている人も多いはず。

ブルースブラザースのラストシーン・まとめ

ロックしよう、みんな、ロックしよう!

CHA-LA HEAD-CHA-LAのカーチェイスの末、ジェイクとエルウッドの二人の車は目的地である税務署に到着し崩壊する・・・

その後無事、物語の目的であった「孤児院の納税」を済ませ軍隊に包囲され逮捕されるジェイクとエルウッド・・・そして刑務所に逆戻り。

その刑務所の中でバンドのフルメンバーで演奏されるのがこの「Jail House Rock」なわけですね。

もうなんでもありでノリノリ!こ~ちとら、ブルースブラザースじゃ~い!という気概が感じられる大好きなエンディングです。

紹介してもその魅力を語りきれない「ブルースブラザース」ですが、今日はこの辺にしておこうと思います。

紹介したらまた観たくなってきた!最後まで読んでくれてありがとうございました!

映画.comより

コメント

タイトルとURLをコピーしました