漫画”インベスターZ”から学ぶ・投資名言集と考察

考察してみた

経済の面白さが分かる・おすすめ漫画・インベスターZについて

こんばんはー。

今日は経済とか株取引に詳しくなれるマンガ「インベスターZ」について紹介してみたいと思います。

『インベスターZ』は、三田紀房による日本の漫画。『モーニング』(講談社)にて2013年28号から2017年29号まで連載。投資をテーマにした作品で、実在の人物や、『エンゼルバンク-ドラゴン桜外伝-』や『マネーの拳』の登場人物も登場する。

wikipediaより

インベスターZのあらすじ・主要登場人物たち

まず最初に物語中の主要な登場人物を簡単に紹介していこうと思います。

「お金」が主要テーマの作品なので出てくる人たちはお金持ちの割合が多いですね・・

その中でも実在する人物が出てくるのが「インベスターZ」の面白いところです。

実在の人物紹介は後半でするとしてまずは主人公の「財前 孝史」から紹介してみます。

主人公・財前 孝史

インベスターZ第1巻より

『インベスターZ』の【Z】はこの財前の頭文字をとったもの。

投資部初代主将の曽孫。運用資金のうち100億円を任されている。

インベスターZは北海道の中高一貫校の道塾学園が舞台。

その学園はなんと生徒自ら学園の運営資金を調達しているのです。

その資金運営の母体「投資部」が組織された130年前から生徒たちに学費免除などの恩恵を与えてる学校でした。

その「投資部」は毎年、入学生の首席入学の中学1年生が強制的に入部するという習わしになっていて、主人公の財前孝史も中学入学と同時に投資部に身を置くことになります。

6人いる投資部メンバーの中でも孝史はすぐに投資家としての頭角を現し高い利回り実績を積み上げていきます・・・

投資部キャプテン・神代 圭介

インベスターZ第13巻より

高校3年生であり主将。運用資金は1500億円。

スポーツはテニスの壁打ちを日に1,2時間している。

1500億円というケタ違いの額を運用しつつ部内でトップの利回りを誇る天才キャプテン「神代 圭介」です。

この天才キャプテンから財前は多くの投資哲学を吸収して成長していきます。

神代の取引の哲学は実際のトレードの中でも参考すべき点が非常に多く、その精神を実際の株取引などで参考にしている読者もいるのではないでしょうか。

物語後半では東大に合格しながらもオックスフォード大学へ入学するために退学を公言するなど天才ならではの道を切り開いていきます。

女子投資家・藤田 美雪

インベスターZ第2巻

中学1年生。道塾学園創設者である藤田金七の玄孫。

財前と同じ中学1年生でありながら既に自前の資金で2000万円を運用する「藤田 美雪」です。

桂蔭学園というお嬢様学校に通っていてそこで女子だけの投資部を立ち上げる行動派女子。

財前とは過去の財前家と藤田家の遺恨の中で敵対する場面も多く見られますが、物語後半では実力を認めるているような描写も。

若き天才・藤田 慎司

インベスターZ第10巻より

藤田美雪の兄。登場当時はアメリカ在住の高校2年生。

幼い時から投資手法の手ほどきを受けており資産は1億円を超える。

主人公のライバルとして立ちふさがる道塾学園創始者である金七の子孫「藤田慎司」です。

精密機械の世にいついかなる時も冷静沈着にトレードを行う生粋の投資家です。

戦前に起きた財前家と藤田家の遺恨などを理由に財前との道塾学園投資部の存続をかけた3本勝負が物語のクライマックスとして描かれています。

藤田家当主・藤田 繁富

インベスターZ第4巻より

道塾学園創設者藤田金七の孫であり藤田家現当主。

慎司と美雪のおじいさんで藤田家の当主の繁富です。

慎司の投資の才能を見抜き藤田家の跡取りとして任命します。

自身の祖父である金七を騙し太平洋戦争の引き金を引いた財前龍五郎の面影を孝史に重ね、財前の血を恐れ警戒することから真司と孝史の痴話げんかが両家の代理戦争の様相を呈して来ます。

インベスターZの魅力について考察

ここからはインベスターZがなぜこんなにも読者の心を掴むのか・・・

その理由を探っていこうと思います。

初心者の投資指南のためのマンガ解説書とは一線を画している作品なので、その魅力が少しでも伝わればと思っています。

魅力1・なんだか大儲け出来そうな気がする

インベスターZ第1巻より

株取引・・FXトレード・・

どれだけ大人ぶってカッコつけても結局はそのどれもがギャンブルなのである

最初の理由はズバリ「自分でも儲かりそうだから」ですね。

作中では中学生とか高校生がそれぞれの哲学を持って投資に励んでいる物語なので、読者としては「真似すれば儲かるかも・・」って考えてしまうのは自然な流れだと感じる。

インベスターZ第7巻より

実際に「四季報」とかでもこの漫画はビギナーから中級者まで為になるって言ってたし、作者の三田紀房さんは投資セミナーで講演したりもしてるし作中は儲かりそうなフレーズで溢れている。

この漫画を読んで投資を始めた人も多いだろうし、実際に投資をしていた人でもこの漫画で気付きを得た人も多いだろう。

魅力2・歴史を経済の角度から学べる

インベスターZ第1巻より

お金って誰が発明したの?・・

日本はなぜ植民地にならなかった?・・

原爆が落とされた時も株取引は行われていた?・・

学校の授業では教えてくれない日本の歴史を経済の角度から知ることができるのだ

次の理由は「歴史を経済の角度から学べる」です。

勉強耳でいると歴史って暗記が多くて苦痛なんですが、インベスターZは誰もが興味のある「日本円」に絡めて歴史を紐解いてくれるので非常に頭に入って来やすいです。

時に「経済視点からの戦争」の話題が多く出てくるので戦争を知らない世代の人間としては非常に考えさせられるものがありましたし、戦争をすることで株価が上がっていくなんて素直に驚いた。

インベスターZ第8巻より

2020年9月現在の世界経済の状況もコロナの影響があるにも関わらず全世界で株高状態が続いている・・

よく「株価の実態経済からの剥離」なんて言われているけれど、インベスターZを読むと「株価は実態経済を表すものじゃない」っていう理屈がよく分かる。

株価が上がる例で具体的な銘柄がちゃんと出てくるのもさすがって感じです。

魅力3・実在する成功者たちが登場する

インベスターZ第6巻
インベスターZ第7巻

実社会において成功を収めた起業家たちの声が聞ける漫画は非常に貴重だと言える

特にメディア露出の少ない人物は話題になった

インベスターZの面白い理由の3つ目は「実在する起業家の登場」です。

特にホリエモンなんかは作品を通じて何度も登場して財前たちに独自の投資哲学を披露している。

その他写真にもあったユーグレナの出雲社長やDMMの亀山社長なんかも漫画の中で自分の成功体験や苦労話を聞かせてくれる。

インベスターZ第9巻
インベスターZ第13巻

基本的にどのタイミングも財前世代の中学生などの目線に合わせて自分の考えを説明してくれるから非常に分かりやすい簡潔な内容で起業家にとって大切なことを学べます。

漫画とはいえ実際に会社を経営して成功している人たちの言葉には重みがありますの。

主要なものは最後の名言集で紹介してみたいと思います・・・

魅力4・実際の株取引でも通用する知識が得られる

インベスターZ第2巻より
インベスターZ第2巻より

実際に株式に投資したことある人やFXトレードを体験したことがある人なら思わず頷いてしまうだろう

さてインベスターが面白い理由の4つ目ですがなんと言っても「実際の株取引に通用する知識」を漫画を通じて得られるところでしょう。

主人公である財前は道塾学園に入学して初めて「株取引の世界」を知ることになります。

つまり読者自身が投資の初心者でれば主人公目線で市場の基本や株取引の基礎を学ぶことができるのです。

しかし、この手の漫画はビギナーはいいけど中級者にとっては退屈なんじゃないか?っていう意見が聞こえてきそうです。

インベスターZ第10巻
インベスターZ第13巻

それでも株取引の世界を極めたという人はなかなかいないだろうし、このあと紹介する名言集なんかで感銘を受けた投資家たちも大勢いると思います。

トレーダーでも「ファンダメンタル」とか「テクニカル」とかを細かく把握している人って意外といないからそんな人も一度この漫画は読んでみてもいいと感じます。

まぁ企業の研究に終わりなんてないし、漫画だと勉強って感じがしなくて息抜きにちょうどいい。

インベスターZ第12巻より

インベスターZ名言集・考察・まとめ

最後は「インベスターZ名言集」です。

インベスターZに出てくるキャラクターたちの格言には、玄人投資家であっても考えさせられる名言が非常に多い。

その中でも僕が印象に残った言葉たちを簡単に紹介していこうと思います。

神城くんの名言

インベスターZ第1巻より

投資部キャプテンの神代くんは序盤で出てくる財前の越えられない壁なので格言が非常に多いのです。

「投資はギャンブル」って言い切って1500億円動かしてれば、名言も出ますよね。

インベスターZ第2巻
インべスターZ第11巻

美雪ちゃんの名言

インベスターZ第3巻
インべスターZ第13巻

「男は金よ」・・・なんと耳が痛い言葉でしょう。

女の子目線で投資の言葉を語る美雪ちゃんの言葉には不思議なリアリティを感じます。

女の子ほど起業家になった方が良いなどの理論も作中に出てくるので、独立を考えている女子たちにとっても貴重な漫画でしょう。

財前龍五郎の名言

インベスターZ第5巻
インベスターZ第8巻

孝史の曽祖父である財前龍五郎の名言です。

戦前当時は「投資の天才」とまで呼ばれていて実質的な道塾学園の資金運営を行なっていました。

ちなみに道塾学園投資部を130年前に立ち上げたのはこの龍五郎です。

冷徹な感じだけど大金を運用するってやっぱり理論的に動ける人間じゃないとダメだってことが分かります。

ホリエモンの名言

インベスターZ第8巻
インベスターZ第9巻

ホリエモンの名言ですね。

実にご本人の言葉らしく「行動力」がいかに起業家に大切な要素かを教えてくれる言葉が多く聞かれます。

作中ではホリエモンに拒否反応を示すキャラクターもいて、エキセントリックな発想はなかなか常人には理解され難いものだとリアリティを持って伝えています。

財前孝史の名言

インベスターZ第15巻
インベスターZ第17巻

「たかが金」中学1年生の言葉とは思えませんが・・・

財前龍五郎の再来と言われる孝史の言葉には類まれな投資の天才らしい名言が数多く聞かれます。

初心者なのになぜが失敗するイメージを描かない、成功するイメージだけを持って邁進するその姿は神代曰く「成功する人間の典型的なタイプ」だと言わしめます。

いつだってポジティブにいないとチャンスは回ってこないですからね。

投資初心者だけど孝史から学ぶことも多そうです。

今日はこんなところで。

インベスターZ第21巻より

コメント

タイトルとURLをコピーしました