踊ってばかりの国・オススメ5曲

音楽の話

今日は踊ってばかりいたい気分

こんばんわー。

今日は日本の若手バンドにだってクールな人いますよってことで「踊ってばかりの国」を紹介していきたいと思います。

なんかサイケデリック臭がするバンドネームですね。

踊ってばかりの国(おどってばかりのくに)は、日本のロック・バンドである[5]。2008年に兵庫県神戸市で結成された[2]。 バンドの名称は、ハバナ・エキゾチカが1991年に発表したアルバムのタイトルに由来する。2019年より自主レーベルのFIVELATERを設立。

Wikipediaより

邦楽ロックを担うバンドメンバーたち

まず最初は「踊ってばかりの国」のバンドメンバーから紹介していきたいと思います。

若手バンド・・なんて言いましたが、もう結成から12年経っているので中堅的な立ち位置かも。

その期間にメンバーチェンジも何回かありましたので、現在のバンドメンバーをおさらいしてみます。

ギター・ボーカル「下津光史」

ototoyより

時代も時代だし、大人に飼われてる時間はなさそうだなと

ライブシーンとクラブシーンのボーダーが曖昧になっていく現代の音楽においてロックバンドにこだわって活動を続けているボーカルの下津さん。

日本語の美しさと侘しさを乗せることのできる歌声を持ったはっぴぃえんど以来の稀代のボーカリストです。

髪型でだいぶ印象変わりましたね。

長髪で金髪のイメージだった人も多いと思います。

ベース「谷山竜志」

下津はめっちゃ気遣いなんですよ。

関西人やからサービス精神があって。

でも気遣いすぎて疲れると、最終的に暴れて、俺にずっと文句言ってます

下津さんが「谷山君がいなかったらバンドを続けられなかった」と公言するほどバンドにはなくてはならない存在のベーシストの谷山さん。

バンドの跳ねたグルーブを芯が後ろ気味のベースでコントロールしているグルーブマスター。

オリジナルメンバーかと勘違いしていましたが、実は2013年加入。

ドラム「坂本タイキ」

踊ってばかりの国official websiteより

(米騒動について)漠然と続いていくんだろうなって思ってましたね。

でも、ふたりに“そういう感じじゃないんだよね”みたいなノリでこられたから、

1回このバンドにめっちゃ萎えて、すぐに解散だなって思いました。

坂本さんが踊ってばかりの国に加入が決まったキッカケは、バンドの事務所の社長が下北沢の路上で呑んだくれている坂本さんを見つけたことから始まる。

踊ってばかりの国らしいサイケデリックなエピソードである。

もともと「米騒動」にいたり、「中華一番」にも在籍してた。

ギター「丸山康太」

(ドレスコーズ在籍時)昨日好きだったものが今日はもう好きじゃなくなるのって、

つらいことじゃないですか。そういうことの連続が、自分にとってのツアーで。

丸山さんは元々「ドレスコーズ」のメンバーで寡黙すぎるほどの性格。

とにかくロックンロールを愛してエレキギターで人と会話するような人物である。

志摩さんと一緒にバンドをやっていただけあって、ロックの匂いがプンプンするギタリスト。

ギター「大久保仁」

踊ってばかりの国official websiteより

2017年加入のギタリストの大久保さん。

丸山さんがソリッドサウンドの担当だとしたら大久保さんは「エフェクト音」担当。

空間系のエフェクトの使い方は本当に見事です。

ギターが3人もいるとアンサンブルが大変そうですね。

サイケデリックな作品たち5選・ちょこっと考察

ここからは恒例のごとく踊ってばかりの国の作品について触れていきたいと思います。

今日は時系列的にアルバムの中から一曲ずつ紹介していこうと思っています。

好きな様に好きな順で紹介していたら「分かりづらい」とご指摘を頂きました。あーい?

1stフルアルバム「Sebulba」から「Sebulba」

サイケとポップの融合ですね。

6分30秒を超える大作「sebulba」が1stのアルバムのラストを飾ります。

「小さな島から来た女が僕の最期を止めてる」

「君が思うまま君の想うまま生きればいい」

リッケンバッカーが似合う若者は伊達じゃないですね。

2ndフルアルバム「世界が見たい」から「!!!」

「!!!」は「チック・チック・チック」って読みます。

バンドのルーツを感じる1曲ですね。

レゲェやダブミュージックを見事に日本人の物に昇華させています。

この頃はまだバンドメンバーは20前半くらいの年齢ですから、本当に渋い音楽性を持った集団ですね。

3rdフルアルバム「踊ってばかりの国」から「東京」

一転してポップス志向の聴きやすい3rd。

このアルバム「踊ってばかりの国」はコテコテのブルースありダブミュージックありポップスありと非常にバラエティに富んだ作品になりました。

「Island song」や「サイケデリアレディ」などのキラーチューンも満載で、紹介した「東京」のキャッチーさなどでバンドの魅力に気付きだしたファンも多かった作品です。

4thフルアルバム「songs」から「ほんとごめんね」

下津さんの声の魅力が詰まったアルバム「songs」のラストを飾る「ほんとごめんね」は簡単な言葉だけで聞いた人間が感傷を想像するに充分な威力が曲に込められています。

「待っているから当然の報いだね」

「愛しい人よ夜を止めないで」

なぜこんなに美しい誰にでも浸透する言葉が浮かぶのでしょうか。

5thフルアルバム「君のために生きていくね」から「Boy」

この「Boy」はライブでは頻繁に演奏されていた音源化を熱望されていた曲だった。

ファンには本当に嬉しいアルバムになりました。

「あのチャンネルには映らないようにね」はMTVの事を言っているらしい。

カウンターカルチャーを担っている下津さんらしい、メインストリームに反抗した初期衝動が詰まった1曲になっています。

日本の若手バンドの旗手は踊ってばかりいる

はい。今日は「踊ってばかりの国」を紹介してきました。

フジロックで見たときの衝撃が忘れられず勢いで書き上げました。

「若手」といってももう活動歴は10年以上・・そりゃ僕も年取ります。

この世代のバンドが活きがいいと日本もまだまだ捨てたもんじゃないって思える。

あ、すいません偉そうに。

ototoyより

コメント

タイトルとURLをコピーしました