【コロナと資本主義】働かないシリーズ6.5【ただの日記】

目次

がんばれ俺の筆・働かないシリーズ6.5

過去にないくらい筆が進まないので、今日は日記みたいな感じでちょっと前に書いていた”働かないシリーズ”の続編みたいなものを書いてみようと思う。

育休から復帰してからというもの、仕事もプライベートも突発イベント盛りだくさんな内容でまぁとにかくバタバタだった。

文章はスマホにメモっていたものがどんどん汚泥のように溜まっていくだけで、生活も死なない程度の家事をこなすことで精一杯って感じだった。よく生きてた。偉いぞ自分。

そんな感じで結構ネタはあるのに筆が進まない。全然進まない。おい、息してるんか俺の筆。

これに関しては調子が悪いというよりそんなこんなな日常のせいで、頭の整理がついてないって感じ。

普段から明確なポジションを取らない考え方でとっ散らかっている脳内は、自分の人生そのもののようだ。

それ自体は特に問題にならないけれど、この状態が続くと強制的に身体がインプットモードでズブズブに沈んでいくので、今夜自分が求めている感じとはちょっと違う。なんか書きたい作りたい。

なんだかんだ言って結局は、自宅とか近所の気を遣わないコーヒー屋とかでダラダラしてみないとアウトプットモードには戻れないってことが、長年の研究によって明らかになってきている。

なんだか人ってむずかしいですね。ぽえぽえ。

あわせて読みたい
【文化は不要か】働かないで生きるシリーズ6【ただの日記】 なんだか他人っていうのはすごくしっかりして見えませんか? グラグラして不安定な自分に比べて、すごくちゃんとして見えたり芯が通っているように見えたり。 自分以外...

2020-2021・深夜ニュースを見ていて思うこと

ここ最近、深夜にテレビをつけていると”コロナ禍”という言葉を目にしない日がない。

前にも書いたような気がするけれど、この禍(わざわい)は根本的に解決はしないと考えていた方が良い。若い世代の人間は特に。

外出を控えたって、特効薬ができたって、きっと同じようなことが起こるからだ。頻度だって加速するかもしれない。ワクチンが普及した現在でさえ、世界中で感染者はリバウンド傾向にある。

今回のウイルスの流行がおさまったとしても、感染症と人間の戦いは終わる気配がない。

戦いというよりも地球上に生きる生物同士のバランスの問題なのだから、人間が存在する限り終わらない。戦争とは違う。いや、戦争も同じようなものなのかも。

っていうか蛇足かもだけど、オリンピックまであと一週間ってときに、観客がどうとかビールがなんだとかやっているのをニュースで見ていて、現場の人たちの事を考えると背筋が凍る思いだ。もはや狂気。ふぅー!

このような世界において労働者に与えられるストレスはより過剰になっていく傾向にあると思う。

今回のようなバブルは末端の労働者に恩恵などないし、世界中が金融緩和をしていて紙幣を刷りまくるという力技で現状の資本主義をなんとか支えている状況はかなり異常だ。

こんな状態が続くと、将来起こり得るインフレに対応できるか不安になってくる。

仮に過剰なインフレが起こってしまった場合、貯金の価値がだだ下がりするので、老後資金をギリギリで計算して貯めていた人は不足する可能性が高くなる。保険も満期時にハイパーインフレなのでは効果が薄い。

非正規労働とか長寿化に対してインフレってのは相性が悪い気がする。こんな状況下では何か一つに頼り切った資産形成はなんかちょっとヤバそう。株式にしても不動産にしても。

タンス預金でさえも、勝率の悪い博打を打たされているのと変わらないのかもしれない。僕は悲観的にものを見過ぎかもしれない。

脳のメモリには限りがあるというのに、なんだかニュースを見ていると強制的にネガティブに引き込まれてしまうぅ。

最近youtubeにも「コイツ疲れてるわ」認定されていて、お坊さんが悩み相談している動画をゴリゴリにオススメしてくる。こんな文章書くよりも寝た方がいいのかもしれん。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる