【落ちている価値】働かないで生きるシリーズ2【ただの日記】

先日、子どもを連れて初めてキャンプに行ってみた。

ニワカなりに色々アウトドア用品を買い揃えたこともあって、これからもライフワーク…

とまではいかないにしても、バーベキューの足手まといにならないくらいにはなりたい。

こうやって少しづつでも自分で出来るようになることが増えていくのって本当に楽しい。

冒険の途中で「ケアル」とか「サンダー」が使えるようになるみたいだ。

人生ってつまり冒険で結局はファイナルファンタジー。

冒険の最中の自分も例に漏れず、音楽や文章は生活の一部になったし、パソコンやテクノロジーの知識は手足になって人生を支えてくれている。

遊びながら出来ることが増えていったらそれはpreciousだし京都の人に言わせればうれしおす。

子供と一緒にいると、このような「遊びながら学ぶ」っていう人生において当たり前だけど、とても大切な要素を毎日思い出させてくれる。

なにせ寝ている時間以外は全く休みなく遊んでいる。

そしていつの間にか言葉らしきことを発しながら、笑ったり怒ったりするようになる。

父親の真似をしたり母親の真似をしながらちょっとづつなんでも出来るようになっていく。

遊びのお手本であり、自由の象徴みたいな小さい人がそばにいることを嬉しく思う。

大人だって遊びまくってその間に知識や金銭を獲得出来るのであれば、効率や数字では測れないメリットが生まれるだろう。

このブログを読んでいる人はなんとなく分かってくれていると思うけど、僕は「金銭効率」とか「どれだけ稼いだか」にはほとんど興味がない。

子供に倣って昨日までちょっと出来なかった事とかに挑戦して、遊びながら成長したい。

そんで真剣に遊んでたら、なぜか知らないけど最終的にお金とか食べ物とか知識とか技術をゲットしている様な人でありたい。

心の底からそう思う。

大人にとって自由になるってことは、つまりは選択肢があるってことだと思っていて「やりたい事」や「やらなきゃらならない事」に対してのアプローチの数が重要になる。

自由になるには出来ることを増やす必要があって、出来ることが増えれば選択肢が増える。

昨日まで「買っていたもの」や「借りていたもの」を「作ってしまう」ことが出来たら、それはまさに昨日より「自由になれた」という証拠だろう。

その上で物を「買ったり」「借りたり」する選択肢を否定しない。

お金で解決する以外の選択肢がコマンドに含まれるというだけでも、その人は十分に自由だからだ。

それを踏まえてこのシリーズでは、僕が人生で実際に「自由」を獲得したと感じてきた事柄について書いていくことになるんだと思う。(たぶん)

人生という冒険は自分がやる・自分がやらない、を選べるようになるだけでもかなり自由な状況に身を置くことが出来る。

それは生きてきた中で何度も感じてきた事だ。

あわせて読みたい
【IPO株】働かないで生きるシリーズ3【ただの日記】 最近ヘビーな調べ物が続いたせいか、精神が荒んでる。 こういう時は発信自体も引きずられてダウナー気味になっていることが多い。 なんかすみませんって感じ。 生まれ変...
目次

資本主義に喰われたヒーロー・80-90世代イデオロギーについて

前置きが長くなってしまったのだけれど、ここから本題に入るまでにまだ前置きがある。

すいません話をまとめるのが下手で。まぁヒマな人は付き合ってください。

さっき言ったみたいに「金銭効率」だとか「稼いだ金額」なんかに興味が持てなくなった趣旨の話を同世代の(音楽好きな)人にすると、みんな同じ様なことにウンザリしていた。

みんな多かれ少なかれ後期資本主義のシステムに違和感を感じていて、繰り返し出てくる同じようなアーティストとかタレントにウンザラだったりする。

その上、00年代に入ってからの消費社会はメインストリームに留まらず、市場の終わりのない欲望を埋めるために(あるいは資本主義が求める成長のために)僕たち個人個人が大切にしていたアンダーグラウンドのアートや音楽にまで手を伸ばしだした。

いわゆる「メジャー化してダメになる」とか「大衆にスポイルされる」っていう現象は資本主義社会が持つ大きい罪だと思う。

僕たちの世代は、自分の大切にしているアートを無秩序に消費させたり(僕たちはキレイなパッケージや間延びした続編など望んでいない)お気に入りのラーメン屋にわざわざ行列を作らせる(例外なく味も落ちる)社会にはもうウンザガなのだ。

ファイナルファンタジーシリーズの魔法形態(ファイナルファンタジーシリーズのまほうけいたい)ではファイナルファンタジーシリーズにおける魔法について述べる。各作品がそれぞれ独立したストーリーを持つ本シリーズであるが、その変遷を見ると、魔法に関しては統一された形態を持つものと見ることが出来る。

Wikipediaより

これらの出来事を語る上で欠かせないアイコンがニルバーナのカート・コバーンだ。

「カートは自殺したんじゃない、資本主義に殺された犠牲者だ」

って言うのが音楽好きな人のセオリーな考え方なんだけど、最近イチローはちょっと違う事を思うようになった。

ものすごい簡単に言うと、カートは資本主義のシステムに組み込まれていることに絶望して自死を選んだ。

そのシステムに組み込まれるとどのように振舞おうと脱出は不可能で、音楽的な成功も社会に対する批判も全て資本主義システムを肥やすエサになった。

自分の発言はあらかじめ台本でも組まれていたんじゃないかと錯覚してしまうほどに、メディアに消費され続け、その異常性に精神を病んだ。

あらゆる動きが事前に予測され、検証され、追跡され、金で購入された。

結果的に、カートの自死でさえもそれまでの楽曲にリアリティというデザートを添える形となり、レコード会社を潤わせた。

(わたしは未だにニルバーナのTシャツを買うことができない)

好きすぎて言えることが少ない

こういった一連のスペクタクルのデットロック状態からリタイアする形でカートは27クラブの仲間入りをしてしまったのだけれど、僕はみんなが言う「資本主義に敗北した」っていう感覚とは違う意見を持っている。

個人的にはカート・コバーンは「資本主義と刺し違えた」と、そう考えている。

その理由としては現状の資本主義に疑問を持ち、距離を保って接そうとしている人へ与えている影響が少なくないことや…

カートの死をキッカケにお金を移動させるだけのシステムや、消費されるためだけのヒマつぶしのカルチャーに興味を持てなくなった僕たちが生きていることが証明にならないだろうか。

なったらいいなぁ。

自分の人生に刺し違えてでも屈しない精神を忘れたくない。

この辺の話が深く知りたい人はマーク・フィッシャーって人の「資本主義リアリズム」って本が的確に言語化できていていいと思う。

マーク・フィッシャーも同じ様な理由で自殺しちゃったんだけど。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる