【うつヌケ】実際に接してみてわかった・うつ病の話【永田カビに学ぶ】

目次

近しい人・友達が「うつ病」になってしまったら

今回は「実際に接してみてわかった・うつ病の話」です。

近しい友人がうつ病になってしまったので、自分の勉強のためにも記事にしてみることにしました。

うつ病の人の気持ちを少しでも分かれるようになればと思っています。

なんか今日。えらいマジメ。こんな日があってもいいじゃない。ぶろぐだもの。

うつ病の症状について・プチでも見逃すなかれ

さて。まずはうつ病の症状について書いていこうと思いますが、うつ病に限らず病気の症状というものは個人差もありますので、ここでは代表的な例を挙げていこうと思います。

ちなみにイチローの友達は「朝が地獄のようにツライ・・」と言っていました。

もともとの性格もあるでしょうが、日本って国の人たちは自己肯定感の希薄な人間が多い気がするので、周囲が症状に気付くのが遅れがちなように思う。

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病、英語: Clinical Depression)は、気分障害の一種であり、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥、食欲低下、不眠、持続する悲しみ・不安などを特徴とした精神障害である[2]。

Wikipediaより

ここにあるように、うつ病の症状の大半は気分障害であることが分かる。

持続した気分障害の後、身体に悪影響が出るといった流れですね。

何をしても気分が晴れずに、今まで楽しめていたものが楽しめない・・・

そして持続する不安と焦燥。挙げ句の果ては睡眠障害。これはツラそうです。ワンオペ育児くらいツラそう。

睡眠時間の不足でいとも簡単に人間の人格は崩壊するのをイチローは知っている

しかも精神疾患の場合、身体のケガみたいに見えるものじゃないから周囲も普段と同じようなパフォーマンスを病人に求めてしまう。

うつ病の症状とは無理して頑張っていた人生の期間のしわ寄せが、利息付きの請求で心身の不調で現れる形なのだと考える。

自立心が強い人はなんでも一人でこなそうとしてしまうし、能力がある人は無理が効いてしまう。

責任感の強い人の方がうつ病を発症しやすいって話はこれが原因と言えそう。

うつ病の原因について・初期が大切なんやって

さて、ここからは具体的に何が原因で「うつ病」になってしまうのか?という点に絞って考えていこうと思います。

うつ病の原因についてはよく「ストレス」でひとくくりにされてしまうことが多いのですが、

ここで言うストレスというのは心や身体にかかる負荷によって脳内の伝達物質が減少することを指します。

うつ病こころとからだより

うつ病になる仕組みはまだ完全には解明されていませんが、

神経伝達物質の中のモノアミン類(セロトニン、ノルアドレナリン、ドパミンなど)

が関わっていると考えられています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる