クラウドファンディングってなんだろう?絵に描いてみた

考察してみた

そろそろ知らないとやばい・クラウドファンディングについて考察

こんにちは。さすがにクライドファンディングが気になってきたイチローです。

そんなこんなで自分の勉強を兼ねて調べてみようと思います。

今は個人の資金調達方法として普及してきている印象なので、僕もちょっとやってみたいです。

まだ何にもわかっちゃあいないけど、僕はクラウドファンディングと結婚したい。

これから長い時間をかけて君のことを知っていきたいんだ。と思っている。

クラウドファンディング(英語: crowdfunding)とは、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。

不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを意味する。

ソーシャルファンディングとも呼ばれ、日本語では「クラファン」と略されることもある。クラウドコンピューティング(cloud computing) の「cloud(雲)」と混同して「cloud funding」と誤表記する者がいるが、正しくは「crowd-」である。

Wikipediaより

クラウドファンディングの種類・概要・わかりやすく絵にしてみる

全く前情報や知識のない人が「クラウドファンディング」と聞くとなにか良からぬ印象を持ってしまう人もいるでしょう。

現に著名な方やタレントさんがクラウドファンディングによる資金調達を行うことに関して、SNSなどで後ろ向きな意見を見かけることも多くあります。

それはクラウドファンディングが「ただでお金をせびっている」印象を一般の人に与えているからかもしれません。

しかしクラウドファンディングにも様々な種類があって、そのほとんどが出資者に対しての「リターン」が用意されています。

この後紹介するクラウドファンディングの種類にはもちろん「寄付型」のものもありますが、現在行われている大多数のクラウドファンディングにはなんらかの「リターン」があるということは認識しておいた方が良さそうです。

ここではクラウドファンディングの中でも代表的な資金調達方式を紹介していこうと思います。

今コーヒーがキーボードにこぼれた。

これがほんとのコーヒーブレイク。まいったねこりゃ。

購入型・クラウドファンディング

購入型クラウドファンディングのイメージ図

現在行われているクラウドファンディングの大多数はこの「購入型」です。

提案者がクラウドファンディングのプラットフォームを使って支援者に呼びかけて資金を募り、プロジェクトを進行させる典型的な例です。

提案者やプロジェクトの内容によって様々な「リターン」が用意されていてそのリターンのユニークさで勝負している提案者が多い印象です。

しかもリターンには数種類のパターンが用意されていることも多く、グレードで差別化され出資金額もそれに伴って変わっていく形を採用している人が多いですね。

プラットフォームによっては目標金額に達しなくても支援金を受け取れる方式のものも存在するので、1番とっつきやすい印象のクラウドファンディングでしょう。

寄付型・クラウドファンディング

寄付型クラウドファンディングのイメージ図

被災地支援や社会・福祉貢献などの目的でまさに駅前の募金活動のように資金調達を行うことができる「寄付型」のクラウドファンディングです。

「寄付型」の名前通り基本的に支援者に具体的なリターンは用意されていないことがほとんどですが、金額やプロジェクトによってはお礼のメッセージやプロジェクトの進捗具合の連絡がくることがあります。

世間の人にとってはクラウドファンディングとはこの「寄付型」をイメージしている人が多い印象です。

ただ先に述べたように支援者に対して「リターン」や「サービス」が用意されていない寄付型のクラウドファンディングは進行しているプロジェクトの数自体は少なく、よほど理念が社会的でないと達成は難しいでしょう。

ただプラットフォームを介するだけで募金活動がネット上で出来るようになったことを考えれば、この形のクラウドファンディングはこれからの社会貢献を担っているツールといえそう。

融資型・クラウドファンディング

融資型クラウドファンディングのイメージ図

最後はちょっと複雑な「融資型」のクラウドファンディングです。

支援者から集めたお金をクラウドファンディングの事業者が提案者に割り振る形です。

プラットフォームが「金融商品」として販売して支援者にリターン(この場合単純に利息)を用意するものなので、クラウドファンディングの中でもお堅い印象。

支援者は「資産運用」として出資するのでクラウドファンディングならではの「ユニークさ」とか「ワクワクさ」みたいなものからはちょっと外れてしまう資金調達方法かもしれない。

事業内容も「儲かるか儲からないか」を基準に選定されてしまう傾向があるし、個人が融資を受けるにはちょっとハードルが高そうだ。

クラウドファンディングの実例について・人気タレントたちの実績

クラウドファンディングの概要がなんとなくわかってきたので、ここからは実際にクラウドファンディングによって資金の調達に成功した面白い例を紹介していきたいと思います。

成功例だけ見ていると夢がありそうなクラウドファンディングですが、その中で詐欺行為に近いものは支援者サイドの怒りを買い、丸焦げに炎上させられてしまう例も多くあります。

基本的なクラウドファンディング炎上の理由としては・・

  • そのくらい自分で稼げor自分の金でやれって感じのもの
  • 社会貢献を装った自己満足・自己表現のもの
  • 偽善的・独善的なもの

みたいなものが挙げられます。

もし自分が資金調達するときもこの辺のことを注意したいですね。こわいこわい。

目には目を。マナにはカナを。西野にもカナを。

実例その1・「ホリエモン」ロケット・2000万円

クラウドファンディングといえば最初に浮かぶのがホリエモンって人も多いのではないでしょうか?

北海道でのロケット打ち上げプロジェクトの資金をクラウドファンディングで集めたのはあまりにも有名。

ホリエモンのプロジェクトは支援者に対するリターンも非常にユニークで「打ち上げ失敗したロケットの破片」が5万円だったり「ロケット発射のスイッチを押せる権利」が1000万円だったりします。

価値化されていないものに価値を見出してお金にしてしまうのが錬金術師みたいでカッコいい。

プレジデントオンラインより

実例その2・「落合陽一」音楽会・700万円

「オーオケストラコンサートの再構築」を掲げてライブ配信と生のコンサートに付加価値をつけることに成功した落合陽一さんのクラウドファンディングも盛況でした。

コロナ禍においての交響楽団の支援も兼ね備えた社会貢献事業であることも好印象なクライドファンディングでした。

基本的にはオンラインチケットのリターンで、支援グレードによっては「二次会に参加できる権利」や「オリジナルTシャツ特典」が付くなどの方法で出資者を募りました。

日本フィルハーモニー交響楽団HPより

実例その3・「キンコン西野」絵本・4600万円

映画化も決まった大人気絵本「えんとつ町のプペル」の原盤もクラウドファンディングによって作られた作品です。

出資者には完成版の絵本に西野さんのサインが直筆で送られてくるなど気の利いたリターンがいくつも用意されて、最終的には4600万円を超える金額をクラウドファンディングによって集めました。

西野さんのクラウドファンディング方法には革新的なことが数多くあり、その中でも「完成前の絵本をリターンに定義する」その方法は当時話題になりました。

簡単に言ってしまえば支援者サイド的には「予約販売」なのですが、完成前の作品を売り出すという確信的な方法で後進のクリエイターたちにクラウドファンディングの使い方を示しました。

そのほか作品の無料公開をネット上で行うなど、現在では当たり前に行われているマーケティング方法は西野さんの発案だったりします。

PR TIMESより

クラウドファンディングによって起きる変化・まとめ

今日は「クラウドファンディング」について調べてみました。

時代に追いつけてない感じの鮮度感の記事だけど、でもまぁ今も18歳くらいのつもりで生きてるからまだ間に合うかな、って思って勉強してみました。

これからも「いまさら」とかはあんまり言わないで生きていきたい。

クラウドファンディングも「働かないシリーズ」で書けば?って言われたんですが「生活費を稼ぐ=クラウドファンディング」は違うと思って別枠で書きました。

よく世間で言われる「ライスワーク」と「ライフワーク」の話でもないんだけれど、あのシリーズで書きたかったのは「ライスワークをライフワークに差し替える方法」だった。

そこでは爆発的な閃きなんかは重要でなく、必要なのはスポンジのような吸収力と柔軟性と粘り強い継続性。

(故に自己分析が最重要項目になる話だった)

だから先にそっちの執筆に取り掛かった。すいませんスポンジボブみたいな人間で。誰がボブやねん。

対してクラウドファンディングの成功に必要なのは間違いなく「情熱」とか「信念」だと感じる。

何が何でも達成したい目的があってそれに支援者を巻き込むのがこの資金調達方法の醍醐味だ。

自分が実際にやってみた方法じゃないので今回は「勉強」という形になってしまったが、何か目的ができた時にクラウドファンディングは自分の中の引き出しの一つにしておきたい。

こんな風に個人が支援者と直接繋がってプロジェクトを回していくことが可能になったのなら「働くということ」の根本的な考え方を見直さなくてはならないだろう。

雇用主も雇用される側も、現状の見直しが必要かもしれない。

パイセンはいつだって初心の大切さを説いてくるけれど、僕はジャンプ黄金世代でありミニ四駆世代。

チューニングこそが人生というコースを走りきる唯一の方法だとミニ四ファイターが教えてくれた。

あと高橋名人とか中村名人とか滝博士とか土屋博士も、そんなこと言ってた。

全てはコロコロに始まりコロコロに終わるのかもしれない。

ふと正気に戻ったときに今打ってるような文章を読み返して生きていくのが辛くなることがあるけれど、概ね僕は健康です。

おしまいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました