結婚しない男女・完成された生命の行く末

考察してみた

結婚が廃れるのはなぜなんだろう・考察してみる”余計なお世話”

こんばんわ。

最近ブログとかSNSをがんばっているおかげで、いろんな人からオンラインで連絡をもらえて嬉しい。

嬉しすぎてちょっと脳が溶け気味だ。

でも人との会話は多人数になればなるほど様々なフェーズから大容量の情報が入ってくるので、溶けた脳のスペースに容赦なく色々なテキストが入り込んでくる。

今更だけど友達との会話はクラウドスペースでファイルを共有しているものなのだろう。

大切な人間が増えるってことは人生をパラレルに何パターンも体現しているのと同じで、オンライン社会の中において、オフラインでの関係構築がますます重要になってきていると感じる。

嬉しいことは2人分

悲しいことは半分

ーーーーーグーとスー(NHKおかあさんといっしょ/ふたりはなかよし)

オフラインの関係性においてどうしても年齢的に「結婚」が話題に挙がることが増える。

結婚する人が少なくなってきて逆に離婚する人が増えてきた昨今。

知人との会話の中で「結婚しない人の思考について知りたい」ということだったので今日はそんなことをとりとめもなく書いてみようと思う。

別に離婚を推奨するわけじゃないけれど、僕の周りの人たちは離婚後の方がイキイキしている人が多い気がする。

人生はグラディウスでもロックマンでもないので、ただ前に進めばいいというものでもないみたいだ。

ロックマン2より

結婚しないよくある理由・男女それぞれの事情

なんで結婚は流行らないのだろうか?

まずは大づかみでもその理由を把握するためにとりあえずGoogle先生に聞いてみることにする。

まずは男性の結婚しない理由。

  • 1人が楽しすぎて今更誰かと共同生活を送る気になれない
  • 結婚にメリットを感じない
  • 自分が結婚に向いているとは思えない

ちょっと調べて出てきたのはこんなところですかね。

次は女性の結婚しない理由。

  • 1人が楽しすぎて今更誰かと共同生活を送る気になれない
  • いい人がいない
  • 結婚後の人間関係が憂鬱

男女ともにまず最初に結婚しない理由として挙がるのが「1人でも充実している」という理由。

男性は1人の時間や趣味に当てる予算が減ってしまったりすることが不満らしく、

女性は築いてきたキャリアややりがいのある仕事を失うかもしれない不安とか親戚づきあいへの懸念が大きいようです。

まぁどちらにせよ「個人としての充実」による「メンドくささ」が結婚が廃れてしまった理由として大きいみたいだ。

ドラえもんより

ポジティブな男らしさ・女らしさ

以前このブログで性差別について記事にしたことがある。

そこでも話した内容なのだが、意味のない性別の振り分けは幼少期から周囲の大人によって無意識に行われる。

つまり「男性らしさ」とか「女性らしさ」っていうのは人間にとって二次的な人工物であるってことが言いたかった。

例えばこの辺の「らしさ」をポジティブに捉えて、実例で否定するなら「手芸が得意な男性」を僕は仕事柄たくさん知っているし「ベンチプレスを上げる女性」だってたくさん存在する。

わざわざ男女が「自分に欠けているもの」として性差別を刷り込まれて育つのは、持ってないものへの憧れが「他者への欲求」になり最終的には人類が増えるのを助けるためだろう。

人間は宗教の発祥のせいで本能を飼いならす生き方が主流になったため、性的欲求以外の方法に訴えかけないと種が途絶えちゃうのかもね・・・

ってところまで以前書いてみた。

基本的に脳内がお花畑なタイプなのでどこまでこの問題に踏み込めるかわからないけれど、今日はお酒が入ってないのでもう少し考えてみることにする。

ドラえもんより

ネガティブな男らしさ・女らしさ

というかそもそもさっきまで話していた「男女らしさ」っていうのは、今現在のジェンダーフリー社会においてはネガティブな要素の方がピックアップされやすいことに気付く。

家庭内において家事のできない男は恋愛対象から外されがちだし、

実社会において自己主張や参加意識の低い女性が出世することはほぼないだろう。

この流れに乗っている今の社会の傾向を考えるに男女ともに「男女らしさ」をなくしてしまうことが実社会を効率よく生きていく手法になってしまっている感じだ。

男女の垣根を超えて「完成された生命」になることが資本主義社会の中で求められる。

その結果「スイーツの食べ放題店」に男性だけで入店することだって普通の光景になったし、

「ソロキャンプ」を女性1人でこなすことだって当たり前の社会になったのだ。

自分の中の異性っぽさを解放することのできる世の中では、近年まで発揮されていた「異性への幻想」を抱く状況が訪れにくいし、そもそも必要性がなくなってしまったのではないだろうか?

「手芸」に例えたり「ベンチプレス」に例えたり「スイーツ」に例えたり「ソロキャンプ」に例えたり、分かりづらくて申し訳ないけど文章のリズム上こうなってしまうことがある。ほげほげ。

話をまとめるのが苦手なのでtwitterを敬遠していたのだが最近友達の勧めで始めることにした。

ここは宣伝のコーナーです。いま宣伝のコーナーにしました。

本当は怖い「当たり前」や「普通」・異性愛至上主義・LGBTQについて

ここまでの考察をまとめると、結婚や恋愛に対して必要性や意味を感じなくなる人間が多く出てくることに関してはむしろ何の不思議も異常も発見できず人間にとって「普通の感覚」としか思えない状況になってしまった。

ここで反論するとしたら「結局男性はATMとしての存在価値しかないんですか?」とか「女性が家事をするのは当たり前ですか?」みたいな意見になるんだと思う。

でもここで立ち止まって考えてみると気付くことがある。

性的な幻想や欠乏のない男女が勝手に適齢期に結婚する事が当たり前の感覚が自分にあるのだとしたら、それは「異性愛至上主義」みたいな危険な思想にあたってしまうのではないだろうか?

今や国や場所にもよるが結婚制度のあり方の見直しが進んでいて、同性間でも婚姻関係やそれに準ずる形をとることができる地域や自治体も増えてきた。

LGBTQに対してはこれからも理解が進んでいく社会の流れを考えると、この辺のことも無意識な「異性愛至上主義」発言になってしまうのかもしれない。ダイバーシティってむつかしいですね。

自分に欠乏している点や補って欲しい点を異性に求めるという行為が、現代人の「生命としての自立」によって打ち消され、むやみに異性を追いかける必要性や理由がなくなってしまっている。

そして欠乏のない人間が、趣味・仕事・友達で満たされてしまう。

そりゃ結婚なんて流行らないよね。

資本主義と豊かさ・揺れる結婚の意味・まとめ

「異性愛至上主義」を守るための大規模戦略についてはやはり以前の記事に書いた通り。

「男女らしさ」という無意識の刷り込みが個人個人の多様な価値観によって事実上形骸化してしまっているのが今回のブログテーマである「結婚しないカップルが増えている理由」としてのとりあえずの回答としておきます。いまのところの自分の考え方はこんな感じ。タヨウセイってむつかしいですね。

これもこの前書いたけど結局結婚なんてものはいわゆる人間の発揮する豊かさによって支えられてきた制度でしかないのだから、資本主義社会において結婚制度が衰退していくのは当たり前なのかもしれない。

結婚をはじめとするオフラインでの人間関係っていうのは、関わっている人間によって問題点も大きく違うし一概には言えないのだろうけど、

婚姻関係みたいな目に見える形で数値化して誰かと交換したり比較したりすることはできないものに関しては、効率やメリットを求めるよりも「お互いが豊かになれる」ことが重要なのではないでしょうか。

今日は真面目だったね。

さすがに眠いので寝ます。

「早く結婚しなくて、だいじょぶなの?」と、おでん屋のカウンターで中年のやたらと身なりに気を使った上司らしい男の人が若い女の人に述べていたりするのを聴かされると、まるで無関係な外国人にすぎないこちらが、「おまえこそ、頭、だいじょうぶか?」と聞いてみたくなる。

日本は訪問するには最高に楽しい国だが、住むのは、やっぱりちょっと無理だよね、と納得する契機に、よく、なっていた。

ある外人さんのブログより

コメント

  1. […] 実際に未婚の友達からなんかは「結婚や子育てにメリットを感じない」という意見も多く聞くし、色々なケースを見ていく中で「子どもが大切でない親」は確実にいると感じる。 […]

タイトルとURLをコピーしました